R-30

シニアでも「就職できる/できない」の境界

老後への不安から、貯金に励んでいる読者は多いだろう。だが、老後の幸・不幸を左右するのは当然ながらカネの問題だけではない。なかでも深刻なのが「独居老人」問題だ。ぼっち(孤独)、貧乏、ボケ……この「3B」が揃ったとき、老後が限りなく悲惨なものになるのは疑いない。30代、40代のうちに危険因子に気づいておけば、軌道修正もきっと可能だ!

◆あなたは将来……会社を辞めたら仕事がない!?

老後 首尾よく65歳まで会社に残れたとしても、年金の受給開始がそれより先に延びる可能性は大。その場合、再就職先を見つけないことには、またも無収入の不安にさらされることになる。

「シニアの就職で、何より重視されるのは『健康・体力』。65歳以上の仕事の半数ほどを占めるとされる清掃、警備員は、その傾向が強いですね。この2つの職種では週2日、3日などのフルタイムではない募集も多いですが、ダブルワークをしてフルタイム並みの収入を稼ぐこともできます。東京などの都市圏に住んでいれば、午前と午後での掛け持ちなども可能ですよ」と話すのは、ジャーナリストの日向咲嗣氏。

 再就職に有利に働く職歴や経験、技術などはあるのだろうか?

「タクシードライバーや運転代行など、運転関連の仕事はシニアの需要も大きいので、運転に慣れている人は二種免許を取得して挑戦しやすいはず。また、シニアの仕事で人気のマンションの管理人や学校の用務員、市税等の徴収員などは、コミュニケーション能力の高さが採用の決め手に。そのため、営業職の経験者などは歓迎される場合が多いでしょう」

 一方で、「資格の類いはほとんど重視されません」とのことなので、「資格があれば何とかなるだろう」と安易に考えている人は要注意だ。

 そして、軽視できないのが職探しのテクニック。

「転職経験のない人は、履歴書の書き方もわからず、ハローワークも使いこなせずに、職が見つからない……などと言い出す場合が多い。逆に、若いうちからハローワークに通っていたような人は、効率的な仕事の探し方や面接のコツを知っているので、老後の労働市場では優位に立てます。清掃や警備などの仕事では、早い時期から経験を積んでいる人のほうが、60代、70代でも優先して採用されやすい傾向が。つまり、若い時期にはいわゆる“負け組”だった人が、老後には逆に“勝ち組”になる可能性もあるんですよ」

<老後ビンボー危険度TEST 当てはまる項目にチェック!!>

●体力に自信がない&運動する習慣がない +1点
●免許を持っていない +1点
●転職経験がない +1点
●資格があれば再就職も安心だと思う +1点
●営業職の経験者である -2点
●東京などの大都市に住んでいる -1点

⇒3点以上は赤信号!

【日向咲嗣氏】
サラリーマンの「転職」「独立」「副業」「失業」問題などを中心に執筆活動を行う。著書に『家賃を2割下げる方法』(三五館)ほか

― あなたは大丈夫?恐怖の[老後検定]【3】 ―

家賃を2割下げる方法

家賃は、下げられる




おすすめ記事