福島原発行動隊これまでの歩み

【福島原発行動隊これまでの歩み】

◆4月6日 
元エンジニアの山田恭暉氏(72歳)が、友人・知人に「福島原発暴発阻止行動プロジェクト」への参加を呼びかける。2週間後には60歳以上の正会員が31人、60歳未満の賛同・応援者が126人に

◆5月26日
細野豪志首相補佐官(現原発事故担当相)・東電幹部と面会。志願者の経歴・能力記載リストを手渡す

◆7月7日
名称を「福島原発行動隊」に変更。正会員427人、賛同・応援者1352人に

◆8月18日
山田代表ら福島県庁を訪れ、田嶋要・原子力災害現地対策本部長と面会。原発20km圏内のモニタリング調査参加を申し入れ

◆8月23日
いわき市久之浜で有志らが草刈りボランティア

◆9月9日
塩谷理事ら7人、東電の放射線モニタリング要員研修参加へ

― シニア決死隊の決意「オレたちが悲劇を終わらせる!」【3】 ―




おすすめ記事