雑学

猛暑の着ぐるみレイヤー大量発生!? ワンフェス14夏コスプレレポ

ワンフェス2014夏

猛暑にもかかわらず着ぐるみレイヤーが多数登場

 美少女フィギュア、怪獣、戦車、戦艦など、あらゆる立体造形物が集まる世界最大級の展示即売会「ワンダーフェスティバル2014夏(通称:ワンフェス)」が、7月27日、千葉県・幕張メッセにて開催された。屋内の展示物はもちろん、同イベントの楽しみといえば、凝った武器や装具も目立つコスプレだ。容赦なく直射日光が照りつけるなか、多くの来場者であふれていたコスプレエリア、企業ブースのコスプレイヤーの模様をお届けする。

 屋外のコスプレエリアは、足元のアスファルトからも光と熱が照り返される過酷な環境となっている。記者も汗だくになりながら徘徊していると、顔に汗ひとつかかず、笑顔で歩きまわる集団に出会った。それは、アニメ顔マスクを被り、コスプレをした、いわゆる「着ぐるみレイヤー」、「ドーラー」と呼ばれる人々だった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/686655/wf14s_02

 ホール間にある日陰のコスプレエリアでは歩きにくいためか、多くのドーラーが直射日光下の屋外で撮影を楽しんでいた。記者が歩いて数えた範囲では、最大で約50人。とにかく振り向けばドーラーがいるのだ。ドーラー同士、特に同じアニメ作品のキャラクターがすれ違った際は、顔を近づけ、無言で手を振り合い、握手をしてきゃっきゃしている姿が印象的であった。

 それにしてもドーラーが多すぎる。なぜだ? 屋内に入り、ドーラーの姿を探してみると、戦艦を美少女擬人化したゲーム『艦隊これくしょん』(通称:艦これ)の長門のコスプレをしたドーラーを発見。さらにそのブースには、多数のアニ顔マスクが展示販売されていた。ここがドーラーの発生源なのだろうか?

 サークル「ぬこパン」代表の犬病ぬこ氏に話を聞いてみると、「たしかに今回は多いですね。うちのサークルからも5人がコスプレエリアなどに出ていますが、ほかのサークルや個人でもかなりの人が来ているようです。ここ数年では、“アニメちっくアイドル”の桃知みなみさんや、被り物を題材にした漫画『カブルモン』などもあり、注目度は高まっていると思います。また、ご当地キャラの『ふなっしー』の影響も大きいです」とのこと。

 ドーラー以外では、夏らしいスクール水着や、レースクイーン風衣装のコスプレイヤーの姿が目立った。作品別では、艦これが圧倒的人気だといえるだろう。造形物の祭典らしく、細部の造形までこだわった衣装は、見ているだけでも楽しめるものだった。また、新作アニメが好評配信中の『セーラームーン』も企業ブースやコスプレエリアで人気を集めていた。

<取材・文・撮影/林健太>

ハッシュタグ




おすすめ記事