雑学

シティーハンターも困惑!? 「駅の伝言板」が消えた理由

いつの間にか姿を見なくなったものの真相に迫る――。今回は、待ち合わせに重宝し、北条司氏の漫画『シティーハンター』では依頼人が冴羽獠に助けを求める合図“XYZ”を書く場所だった駅の伝言板。

◆定番落書き“XYZ”も今は昔<駅の伝言板>

 懐かしい駅の風景には欠かせない“伝言板”。実は今、都内ではほとんど見られない。

「地方の駅には残っているかもしれませんが、都心部の駅にはありません。’00年代半ばまでには撤去されています」(JR東日本)

伝言板

伝言板に落書きをする高校生が通行の邪魔になるという苦情もあったとか

 その理由は携帯電話の普及に伴う利用減。末期にはいたずら書きしか見られなくなり、駅舎改装とともに議論もなく消えていったそうだ。また、小田急電鉄では「チョークの粉が不衛生」というクレームもあったとか。“昭和の駅の風景”はこうして姿を消したのだ。

― [あの定番商品]が消えていった理由【13】 ―




おすすめ記事