雑学

いつの間にか消えた…年賀状作りの定番「プリントゴッコ」

いつの間にか姿を見なくなったもの真相に迫る――。今回は、年賀状作りの定番だった「プリントゴッコ」。販売終了後の今でも根強いファンが多い商品だ

◆プリンターとメールの普及で消えた「プリントゴッコ」

プリントゴッコ

プリントゴッコ特有の味わいに愛着を感じる人もおり、今でもネットで関連商品を売る店は存在する

 製造元の理想科学工業は、’08年にプリントゴッコ本体のメーカー販売を終了。’12年には、すべてのプリントゴッコ事業を終了した。

「個人が簡単に、あんなに完成度の高い印刷物を作れるものは、ほかにありません」と話すのは、現在もプリントゴッコを使った作品を作る、和文具作家の蛙月庵氏。

「やはりパソコンとプリンターが一般家庭に普及し、ユーザーが減ったようです。需要の減少を受けて、’07年にはランプなどの消耗品の値上げも。根強い愛好家がいる一方、年賀状のみで使う人は離れていったように思います。また、年賀状をメールで済ませる人が増えたのも一因かもしれません」

― [あの定番商品]が消えていった理由【10】 ―




おすすめ記事