エンタメ

グラドル、飲みドル、昭和歌謡…注目の地下アイドルを発掘!「LOVE MAX祭2015」

 1月17日~18日にかけて、東京ドームシティアトラクションズ内にある屋内劇場「シアターGロッソ」で「LOVE MAX祭2015」が開催されました。二日間で集まったアイドルは総勢63組。時間にすると約17時間に渡って各アイドルが競い合うように熱いライブを繰り広げました。「地下アイドル」と呼ばれるライブハウスを中心に活動するアイドルが多数出演するイベントは週末になると東京のあちこちで行われていますが、ここまで大がかりなイベントは珍しいでしょう。また単に数を集めただけではなく、ソロアイドルや地方アイドルなど、多彩なアイドルが集まったのも地下アイドルのショーケースとして充実していました。

 しかしAKB48やももクロなどテレビで活躍するメジャーなアイドルしか知らない人にとって、アイドルのライブは敷居が高いでしょう。ましてや星の数ほど存在する地下アイドルですから、その中から自分好みのアイドルを見つけるのは至難の業です。

 そこで「LOVE MAX祭2015」出演グループの中から、コンセプトが面白かったり、メンバーに雑誌などでお馴染みのグラビアアイドルがいたりと、ほとんどアイドルに興味がなくても楽しめるグループを5組ピックアップして紹介しましょう。

 まず紹介するのは「G☆Girls」です。写真週刊誌『FLASH』発、メンバーがミスFLASHとファイナリストから選出されたグラビアアイドルユニットで、結成は2011年と歴史があります。しかし2013年4月に総入れ替えオーディションを実施して一新。現在のメンバーは「ミスFLASH2013」グランプリを獲得した永井里菜と階戸瑠李を中心に、青木まりな、椎名歩美、尾崎礼香、kagami、神山エリカとグラビアのみならずテレビなどでも活躍するグラビアアイドルで構成されています。とにかくプロポーションが圧倒的で、脚線美を強調した衣裳も相俟って、フォーメーションを組んだだけでもステージ映えします。グラビアアイドルとは思えないほどパフォーマンスの充実度も素晴らしく、グラビアで鍛えたセクシーなダンスは眼福です。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=790530

 同じくグラビアアイドルで構成されるのが「ヤンチャン学園」です。その名の通りマンガ誌『ヤングチャンピオン』が主催するグラビアアイドルオーディション「ミスヤングチャンピオン」のグランプリとファイナリストによって2013年に結成されたアイドルグループです。十代半ばから二十代後半まで幅広い年齢層のメンバーを揃えているのが珍しく、知名度はまだまだながらも、ここから未来のトップグラビアアイドルが生まれる可能性もあるので、青田買い的な楽しさもあります。昨年リリースしたデビューシングル「コイハナビ」はオリコンデイリー1位、インディーズウィークリー1位を獲得したことからもアイドルファンの期待の高さが窺えます。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=790532

「CANDY GO!GO!」もグラビア活動を並行して行うメンバーが多いのですが、あくまで音楽活動がメインで年間300本に及ぶライブを行っています。2010年結成とキャリアも長く、幾度かのメンバーチェンジを繰り返しながらも、休むことなくステージに立つことで着実にパフォーマンス力を磨きました。昨年は全国ツアーを成功に導き、シングル「神様のイジ悪」はオリコンデイリー8位、ウィークリー17位、インディーズウィークリー3位と結果を残しました。「LOVE MAX祭2015」では二日間の大トリを務めたのですが、1時間に渡るライブは弛緩した瞬間は皆無で、全編に渡ってエモーショナルなガールズロックが炸裂。ロックをテーマに掲げるアイドルグループは数多くいますが、大抵は運営が与えたフォーマットの中で箱庭的にロックをやるに過ぎません。しかしCANDY GO!GO!は全身全霊でロックを体現、その姿は愚直ですらありますが、お仕着せではない本気度に満ち溢れています。今年2月21日からイオンシネマ板橋で公開されるLOVEMAX PROJECTのドキュメント映画制作第一弾『TOKYO地下IDOL』では、数多くの地下アイドルが登場する中で、CANDY GO!GO!の中心メンバー・なぎさりんが主演を務めているのも要注目です。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=790534

 OLさながらの青い制服姿が目を惹く「チャッキーズ∞インフィニティ」は、一緒にお酒を飲めるアイドル界唯一の“飲みドル”としてユニークな活動を続けています。働く人たちに向けた応援ソング+飲みソングを得意とする彼女たちは、週一回のライブイベント「LOVE MAX LIVE」を主催しているだけあって、宴会部長さながらにテンションが高く場を盛り上げるのに長けています。いわゆるアイドル現場ノリが苦手な人でも入っていきやすい開放的なライブが身上です。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=790537

 最後に紹介する「昭和浪漫プロジェクト」は、創業90年の老舗「浅草マルベル堂」とコラボレーションしたレインボータウンFM「マルベル放送曲♪」から生まれたグループで、昭和歌謡の良さを老若男女問わずに広めるプロジェクトです。メンバーは同番組のパーソナリティーで構成、彼女たちがアイドルグループかどうかは個々の判断に委ねられると思いますが、歌唱力の高さは他の追随を許しません。この日は4人のメンバーから時乃真央と川又静香が登場、河合奈保子の「愛をください」、森昌子の「越冬つばめ」、クリスタルキングの「大都会」と超メジャー曲から80年代アイドル曲まで並べた異色のセットリストで、昭和歌謡好きにはタマらない郷愁に満ちたステージを繰り広げました。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=790539

昭和浪漫プロジェクト

昭和浪漫プロジェクト

 うら若き十代の女の子が中心のアイドル界にあって、それぞれのスタイルで大人の魅力を感じさせる5組のライブを、実際に現場に足を運んで楽しんでみてはいかがでしょうか。

<取材・文/猪口貴裕 撮影/西邑泰和>





おすすめ記事