雑学

「おっぱい警察です」腕の立つキャッチは“演技力”で通行人を非日常の世界へと誘う

夜の繁華街をさすらうキャッチや客引き。はた迷惑な存在ながら時としてとてつもない話術で酔客の気を引くのも事実。そこで今回は風俗ライターや夜遊び好き記者の証言から珠玉の“作品”を完全網羅!! 日本一おバカな“街頭キャッチ&客引き”を決める「C-1グランプリ2015」を開催。一番おバカなフレーズはこれだ!

◆突然はじまる非日常の世界にハマる人続出!?<役者顔負け演技賞>

C-1グランプリ2015

最大の敵、警察官のフリをするというかなりの荒技! フツーに犯罪行為だが、世界観に浸った演技派の客引きはおかまいなし?

 腕の立つキャッチは、その演技力をもって、通行人を瞬く間に非日常の世界へと誘うことがある。

「待ち合わせ場所に立っていたら『久しぶりですね! お兄さんが好きなコが来ましたよ! 本当にちょうどよかったな~』と昔からの顔なじみのような口調で語りかけてきた」(青森・古川)

 演技派の彼らは、この自然な語り口調が持ち味。しかし、こんなのはまだ序の口である。

「急に『警察だ!』と手を掴まれたので、驚いて言葉を失ってたら、『おっぱい警察です』と言われて腰がくだけた」(横浜・黄金町)

「警察官のコスプレをして立っていたキャッチ。道を尋ねてきた外国人観光客を、そのままお店に案内していた」(東京・歌舞伎町)

 軽犯罪法違反も気にせず、役柄を作り込む凄まじいプロ根性。その舞台は現実世界だけではない。

「ライターをそっと灯し、『ああ寒い……。オマンコ、見えましたか?』と聞かれた。マッチ売りの少女のようだった」(東京・池袋)

「突然ジャン・クロード・バンダム顔負けのきれいな股割りを披露してくれた。ボルボのCMかと思った」(北九州・小倉)

 ありえない言動で人の心理を鷲掴み。その鮮やかかつ軽妙な手口は、まさに役者顔負けだ!

イラスト/桜壱バーゲン
― C-1グランプリ2015【3】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事