カーライフ

なぜクルマ好きは車名でなく「型式」で呼ぶのか?

クルマ好きは、なぜ車名でなく「型式」で呼ぶ? 車好きはなぜか車名でなく型式で呼びたがる。

「AE86なんかは車名以上に有名ですし、KPGC10とかR32(スカイライン)、あとはSA、FC、FD(RX7)とかは車好きの間では知ってて当然」(44歳・広告)

 最新のポルシェ911(車名)の型式が991だったりとややこしいので半可通な知識で口を挟むと事故りそうなので要注意。

 車の色も「ベンツの白も時期やモデルで“フィアンホワイト”だとか“アラバスターホワイト”だとかいろいろ違う。正式名称は知ってて当然。間違うと恥かきます」(43歳・IT)というから実に面倒。

 ただ、このような知識やカネにものをいわせて揃えた高級車をひけらかすような輩は逆に尊敬されないのもカーマニアの思考形態。

「車への“無上の愛”を捧げることが必要。ピニンファリーナデザインの2代目セドリックを乗り続けているおじいさんや、初代クラウンで銀座を走り続けてきたタクシー運転手だとか、単にエンスーなのでもない、知識や用語を超えたところに“神レベル”の通が存在する」(自動車ライター佐藤篤司氏)

<知ってて当然指数>

(A)KPGC10とかR32
「KPGC10」「R32」といえばスカイライン、「SA」「FC」「FD」といえばRX7、AE86はカローラレビン・スプリンタートレノなど。

(B)フィアンホワイト
パールの入った白色。クリーム系の「アラバスター」など質感が異なる。「W124にはフィアンがいい」など形式と色で話すのがマニア

(C)エンスー
輸入車やビンテージと呼ばれる旧車など趣味性の高い車に熱中している人のこと。投機目的の高級車好きとは異なるが金持ちは多い。

(D)故・徳大寺有恒
車への愛を追求し続けた自動車評論界の巨匠。著書『間違いだらけ~』でなく、雑誌『ベストカー』連載「俺と疾れ!!」を挙げるのが通。

(E)ピニンファリーナ
フェラーリをはじめ高級スポーツカーのデザインを手掛けたイタリアの会社。元名誉会長は故セルジオ・ピニンファリーナ。

※「知ってて当然指数」は専門家、及びマニアの方々数十人の聞き取り調査により算出……(A)知らないとバカにされるレベル (B)知ってて当然なレベル (C)けっこう通じているレベル (D)業界マニアと言っていいレベル (E)なぜそこまで知っている?
― マニア間では“知ってて当然な”用語の基礎知識【5】 ―




おすすめ記事