第5章:竜太、ふたたび(38)

 一般に「ガッタオ」を求める際には、バカラの打ち手は丁寧な絞り方をしない。

 縦ラインにカードを五分の一ほど、気合いとともに一気に折り曲げるのである。

 そう。

 竜太が信じるように、博奕は気合いだった。

 念のためにもう一度、

「ガッタオッ」

 1万ドル分の大音声とともに、竜太はモーピンのカードを一気に折り曲げた。

 他に打ち手の居ないVIPフロアに、竜太の叫び声がこだまする。

 んっ?

 おかしい。

 そこにあるはずのスーツのマークの頭が、出てこなかった。

 ん、ん、んっんっんっ!

 このカードには、印刷ミスでもあったのか? 

 印刷ミスじゃなければ、竜太が絞っているカードは、エースだった。最悪のカードとなる。

 そ、そ、そんなバカな。

 5プラス1で持ち点が6となるので、規則上プレイヤー側に3枚目のカードは配られない。

 プライヤー6、バンカー7で、クー(=手)が確定した。

 俗にバーベキュード・ポーク「叉焼(チャーシュー)」という状態だ。この呼び方は、広東語での語呂合わせからきている。

 プレイヤー側はバーベキューにされた豚となり、バンカー側の勝利である。

 起こってはならないことが、起こった。

 たとえそれが博奕(ばくち)の本質だったとしても・・・。

 竜太はがっくりと首を折り、プレイヤー側二枚のカードを、ディーラーに投げ返す。

「バンカー・ウインズ、セヴン・オーヴァー・シックス」

 他に打ち手の居ないVIPフロアに、ディーラーの無情な声が響く。

 プレイヤー側のベット枠から、10頭のゴリラが持ち去られた。

 俺の1万ドル、俺の1万ドル。

 竜太の掌が、ゴリラのスタックに伸びた。

 今度は、20頭のベットである。取れば前手で逃げ出したゴリラが、もう1万ドルの嫁さんを連れて戻ってきてくれる。

 サイドは?

 ここは自分で選んだ。

 なぜなら、前クーは、勝手に動いた掌が、間違ったベット枠を選択してしまったのだから。

 心の中で、

 俺のカネ、返せええええっ、

 と叫びながら、竜太は20頭のゴリラをプレイヤー枠に押し出した。

 スタックでは背が高すぎて、叩き付けるわけにはいかなかったのだ。

「ノー・モア・ベッツ」

 とのディーラーの声で、竜太は我に返った。

 これが、「プロスペクト理論」で指摘された罠ではなかったか。

「ウエイタ・ミニット」

 ディーラーの腕が左右に振られたあとでは、もう間に合わない。

 慌てて竜太は掌でディーラーの動作を停止させた。

 俺は、まだ勝っている。それも自分としては、大勝の部に入る勝利である。

 それを忘れちゃ、いかんのだ。

 ここで、身の丈に合わない2万ドル(=180万円)のベットなんて、盛大な自爆行為ではなかろうか。

 竜太に理性が戻ってきた。

 新宿歌舞伎町のアングラ・カジノのドブネズミばくち打ちがもつ理性なんて、たかが知れたものだったかもしれないけれど。

(つづく)
※次回の更新は5/24(木)です

PROFILE

森巣博
森巣博
1948年日本生まれ。雑誌編集者を経て、70年代よりロンドンのカジノでゲーム賭博を生業とする。自称「兼業作家」。『無境界の人』『越境者たち』『非国民』『二度と戻らぬ』『賭けるゆえに我あり』など、著書多数。