ハシゴ乗りボレ女~ペアボート江戸川編~

今回は2部構成でお送りする馬場ですよ。

25日(土)のボートレース平和島に続き
26日(日)はボートレース江戸川のペアボートへ。

江戸川は午前の部、午後の部に分かれていて
なんと先着順!!

午前の部に乗れなかった方には午後の部の整理券を配布、との事だったので
まずは大事を取って午前の部を狙って行きました!

10:30受付開始だったのですが
思い出すは3年前・・・
受付30分前に到着したものの何事もなかったかのような受付予定スペース
おかしいな、と係員さんに聞いてみると
「とっくにハケましたよ」

そんな経験を踏まえつつ、友人たちと意気込んでレジャー感覚で
8時に集合。
前日の25日に強風で中止になってたから人増えるかも!と思って
受付2時間半前。開場2時間前に。

ガラーーーーン・・・・

さすがに誰も居らず(;´∀`)1Fで舟券買ったりしてたのですが
どうも落ち着かないので並んじゃったよね。

先頭でね。

9:00ごろで15人ほど。
やっぱりまだ早すぎたかー、とか言っていたのもつかの間
その5分後には30人ほどに。
それからあれよあれよと人数は増え9:50には予定の70人を超え、
開場の10:00には100人をこえるほどに。
数年前は定員割れしてたらしいのですが今は

すごい人気・・・( ゚Д゚)

そしていざ乗艇。
トップバッターで行った夫は2周回してましたが
次からは水面状況が良くないため1周に。

今回乗せてくれたのは

渡邉雄朗選手

笑顔もさわやか、ハキハキ気持のよい方でした。


4748渡邉雄朗選手!

2マークではあわや転覆!?という煽られ方をして、
係留所に戻った瞬間渡邉選手に
「大丈夫ですか?ちょっと水面悪くてすみません!」と言っていただいたのですが

信じてました!楽しかったです!!

後で聞いたら煽られた瞬間ピットが少しざわついたらしいですw
見ていた夫も
「あぁ、妻は転覆まで体験してしまうのか・・・すごいなぁ」と思ったとか。

いやいや、心配しろよ!

さて、ここでペアボートあるあるをひとつ。
私たち素人は慣れないもんで降りるときどうしても不安定な艇の上でよろよろしてしまうでしょ?
そうすると選手がスッと手をとってくれるんです。

手をとって

この場面ねー♪♪


これね、何度体験してもドキドキしちゃう。
選手が男性でも女性でもときめいちゃう☆

すいませんすいませんって言っちゃうwwww
やさしくしないで私人妻なんですって言っちゃう(言いません)

そしてこの日、水面状況が悪いためなんと午後の部が中止!
急遽選手との撮影会&サイン色紙抽選会&懇親会が行われたとか。
この対応力、江戸川スタッフさん、東京支部の選手の皆さんに拍手です。

考えてみたら周回減らすほどの水面
しかもそんな江戸川水面でのペアボート体験なんて
(選手の皆さんは大変だったと思いますが)
なかなか出来ないからラッキーだったな♪
早起きしてよかったヽ(´ー`)ノ

江戸川水面

写真だと波、あんまりわかんないね。



そうそう、江戸川の場内には洋画の映画ポスターがいっぱい書かれてるでしょ?
ピットには邦画の映画ポスターがたくさんありました。

映画ポスター

レトロでおしゃれ

あれこれ眺めたり展示ボートで記念撮影したりでしばらくキャアキャア居ちゃいました。

次回は8月だそうです。
いけるかなぁ。いきたいなぁ(  ̄ー ̄)ニヤ

馬場絹依40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する

馬場絹依の他の記事

2016.07.03

SPA!ボートレース女子部員

白河雪菜 27歳、東京都出身。ボレ女の中心メンバーとして、各種メディアに精力的に出演。元プロ雀士として磨いた勝負勘を舟券テクニックに生かし、初心者の方でも高配当をゲットできるような、わかりやすい舟券テクニックを紹介
小林真希 21歳、大阪府出身。関西有名私大に在籍する秀才ボレ女。大学卒業後の夢はボートレーサー。舟券テクニックはまだまだ初心者でも、同世代の若手レーサーたちの魅力について熱く語っていく予定だ
篠原麻実 26歳、兵庫県出身。「尼崎と住之江を中心とした、地元密着な情報を女子目線で発信したい」という関西超LOVE!な地元愛に溢れたボレ女。キュートで落ち着いた雰囲気から“ボレ女の良心”とも言われる
柴田千恵子 21歳、和歌山県出身。艇界のエース、山崎智也選手を追いかけ続け、「今年は山崎さんの出るレースは全部1着で買い続けます!」と宣言。斜め上をいく発言と天然キャラで人気を集める、現役女子大生ボレ女
馬場絹依 40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する
増田美由紀 26歳、神奈川県出身。ボートレース唐津でピットリポーターを務めた経歴を引っさげて堂々のメンバー入り。ナイターレースを中心とした“夜のボートレース”の魅力を伝えていきたいとう実力派ボレ女