ユダヤ人埴輪があった!

HyperFocal: 0

ユダヤ人の特徴をもった人物埴輪(千葉県山武郡横芝光町姫塚古墳出土/芝山はにわ博物館所蔵)

本当にユダヤ人埴輪なのか?

   田中英道・東北大学名誉教授の最新刊『ユダヤ人埴輪があった!――日本史を変える30の新発見』(育鵬社)が話題になっている。  千葉県山武郡横芝光町の姫塚古墳から、ユダヤ人と思われる埴輪が発見されていた。  いったいこれは、どういうことなのか?
HyperFocal: 2

別のユダヤ人の特徴をもった人物埴輪(千葉県山武郡横芝光町姫塚古墳出土/芝山はにわ博物館所蔵)

   発見された埴輪は、何も語らない。    しかし、田中教授は、歴史に「形象学」の手法で切り込み、さまざまな客観的事実から、大胆な推論を行っている。  まさに歴史の定説をくつがえす新説である。    本書には、その他に、  ・縄文時代の火焔型土器とは、水紋土器だった!  ・日本神話に記された高天原は、関東にあった!  ・天孫降臨とは何だったのか?  ・ヤマトタケルは誰だったのか?  ・邪馬台国も、卑弥呼も、実は存在しなかった!  ・皇紀元年の真実とは?  ・謎の絵師、東洲斎写楽とは、葛飾北斎だった!  ・なぜ「近代」文学者は自殺するのか?  など、日本史の見方が変わる30の新視点が提示されている。    年末年始に読む一冊としておすすめしたい。  (育鵬社編集部)
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事