詩人・里みちこの世界(5)

五十円切手(詩)

里みちこ作「五十円切手」(詩はがき)

目白が届けた思いやり

 鍵山秀三郎著『大きな努力で小さな成果を』(育鵬社)の編集を通じて、お便りをいただくようになった詩人・里みちこさんから、また、素敵な「詩はがき」が届いた。  「五十円切手」という作品だ。      五十円切手   メジロが一話止まっている   仲間といるから   「目白押し」というのに   さびしくないか   ひとりで小さな紙に   のせられて   今日からお前に   「ひ鳥」という名をあげましょう   ひ鳥はひとりで   愛のはがきを運んでいる    里さんの友人が、連れ合いを失くし、生きる気力を失ってしまった。  そのことを知った里さんは、毎日、いろいろなはがきに、いろいろな50円の記念切手を貼って(当時、はがきの郵便代は50円だった)「ではまたあした」と書いて出し続けた。  ある日のこと。  はがきを書いたものの、通常の50円切手しかない。    手持ちの記念切手の種類がなくなって、買いに行かなきゃ、と思っていたのに、 すっかり忘れていたという。  しまった、という思いで、その切手をじっと見ていたら、この詩が生まれたのだという。  それまで、里さんはその切手を、ただの鳥の絵ぐらいにしか見ていなかったという。  だが、その切手のおかげで、その日も自作の「詩はがき」を届けることができたのだ。  なぜかそれが届いた夜に、友人からは「元気になったからもういいよ」と電話があった、という。  「言葉の力」「人の心」の偉大さを知る。  里さんの詩に興味を持たれた方は、南天荘画廊  http://nantensogaro.com/satomichiko/ 電話078-851-6729にお問い合わせください。 (文:育鵬社編集部O)
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事