ソシャゲ業界の「やりたい放題」に、ついに立ち上がったユーザーたち

 炎上や返金騒動を繰り返すソーシャルゲーム業界。なぜ彼らは過ちを繰り返すのだろうか……。そんな業界にユーザーが遂に行動に出た。年末年始の『グランブルーファンタジー』の騒動を通して見えてきた、ソーシャルゲーム業界の病巣に迫る。

ソシャゲ業界はなぜ「やりたい放題」なのか

ソシャゲ業界の過酷な搾取の仕組み


 スマホやガラケーなどでプレイするソーシャルゲームの勢いがすごい。

『ファミ通ゲーム白書2015』によれば、ユーザー数は前年比15%増の3376万人、市場規模は18%増の7154億円に上る。

 この旺盛な成長力を支えているのが、「ガチャ」の存在である。硬貨を入れてレバーをガチャガチャ回すとカプセルに入ったフィギュアなどのオモチャが出てくる自動販売機が、ゲーム内に設置されているイメージだ。だが、これがくせもので、底なし沼のような集金マシンとして機能する。大半のソシャゲは無料で始められるが、展開を有利に進めたり、より深く楽しむには有料のアイテムやキャラが欲しくなるように設計されている。お目当てのアイテムが出てくるまで、ユーザーはひたすらガチャを回し続けるわけだ。

 たとえるなら、ゲーム世界のすべてを司る神のような運営側に対して、ユーザーはせっせとお布施を運ぶ信者。ソシャゲの運営会社はたびたび炎上してきたが、それはユーザーの不満のささやかなガス抜きでしかなく、「運営側に何を言っても変わらない」が、大多数のユーザーたちの基本認識だった。

 だが、そんな過酷な搾取の仕組みにおとなしく従い続けてきた彼らが、今年1月にとうとう激しく異議を申し立てた。「グラブってる?」のテレビCMで知られる人気ソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』(以下『グラブル』)が、大炎上したのだ。

 年末年始の期間限定で、新キャラを含む一部装備の出現率が3%から6%になると告知され、更に新キャラの出現率アップの表記もあった。にもかかわらず、いくら資金を投入しても一向に新キャラが出現しないことで、怒りの声がネット上に満ち溢れたのである。

次ページ68万円ブチ込んだ“勇者”も現れた

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中