“たかみな”卒業公演で涙、10年の足跡を振り返る生誕祭でファンに感謝【写真レポ】

 2005年12月8日、秋葉原のAKB48劇場のステージに初めて立ってから10年と4か月、高橋みなみの25歳の誕生日である4月8日に、最後の劇場公演のステージに立つ「高橋みなみ卒業特別記念公演~10 年の軌跡~」が開催された。卒業生を含め89名のメンバーが出演し、彼女の門出を祝福した。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1090656

高橋みなみ卒業特別記念公演〜10 年の軌跡〜

4月8日に25歳の誕生日を迎えた“たかみな”の生誕祭も同時に行われた

 これまでのチームAの劇場公演のシーンが映し出された後に、ひとりステージに現れた高橋は、『桜の花びらたち』をアカペラで披露。観客からの温かい手拍子を受けながら歌う、その瞳は潤んでいた。卒業公演の1曲目を涙とともに歌い終えた高橋は、今度は笑顔で「始まるよー!」とメンバーを呼び込み、10年前に公演デビューを飾った公演のタイトル曲『PARTYが始まるよ』を歌い上げた。

「10年の足跡を振り返らせていただいた」と高橋が説明したように、セットリストは『会いたかった』『誰かのために』『ただいま 恋愛中』『恋愛禁止条例』『目撃者』と、過去のチームA劇場公演のタイトル楽曲が続く。公演中盤では、ユニット曲を披露。ここでも、自身のユニット曲を1st公演の『スカート、ひらり』から『嘆きのフィギュア』『ガラスの I LOVE YOU』『Bird』『純愛のクレッシェンド』『愛しさのアクセル』と順番にパフォーマンスした。

高橋みなみ卒業特別記念公演〜10 年の軌跡〜

1期生3人で『純愛のクレッシェンド』を披露(写真左から高橋みなみ、小嶋陽菜、峯岸みなみ)

 終盤には『RIVER』『大声ダイヤモンド』『唇にBe My Baby』とシングル曲を披露し、「あ~楽しかった!」と笑顔を見せた。アンコールでは、「みなみ」コールが劇場に響くなか、在籍した3775日の思い出の映像が流れると、純白ドレス姿の高橋が登場。大粒の涙を流しながら『背中言葉』を歌唱した。

次ページ卒業公演には前田敦子や板野友美らも登場

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中