葬儀屋は暴力団のお葬式を受けてはいけないはずなのに…「射殺された暴力団員の葬儀」報道に疑問

 意外と知らない通夜やお葬式でのマナー、業界の裏事情を綴った今、注目のサイト「考える葬儀屋さんのブログ」。「ライブドアブログ OF THE YEAR 2015」にも選ばれた同サイトの管理人・考える葬儀屋さんに聞いた、恥をかかない今のうちに知っておきたいお葬式の常識とは――。

 葬儀屋さんブロガーの「考える葬儀屋さん」と申します。

 先日、奇妙な報道を耳にしました。「警察の厳戒態勢の中、射殺された暴力団員の葬儀が執り行われた」というものです。

 この報道を聞いてどこが奇妙なのか一般の読者の方はピンと来ないかもしれません。では、こういう風に言い換えてみたら、どうでしょうか。

警察の厳戒態勢のなか、暴力団主催の野球賭博が執り行われた

 これは明らかに変ですよね。警察は何やってるんだという話になります。

 実は賭博と同様、暴力団はお葬式をやってはいけないのです。正確に言うと、葬儀屋さんは暴力団のお葬式を受注することができません。

(※画像はイメージです)

 つまり、冒頭の報道のケースの場合、本来なら警察は葬儀屋さんが葬儀を行うことをやめさせないといけないのです

 なぜなら、ここ10年ほどの間に各自治体により施行された暴力団排除条例によって、葬儀屋さんに限らず、企業は暴力団との商取引を禁じられているからです。

 この条例の理念は正しいのですが、ことお葬式に関してはやっかいな問題が生じます。

 当然のことですが、暴力団員もいつかは必ず亡くなります。定年があると聞きませんが、在職中(?)の死亡率は他の職種より格段に高いはずです。そのときに、専門知識と経験を必要とするお葬式を暴力団員だけで執り行うのは不可能です。葬儀屋さんの手を借りなければいけません。

 つまり、他の商取引と異なり葬儀屋さんとの取引は避けて通れないのです。でも、条例は葬儀屋さんが暴力団と取引することを禁じています。では、どうすればいいのでしょうか?

次ページその問いに対する答えは…

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中