シェアハウスに巣食う「ドヤ顏中年」の痛々しい実態

シェアハウスに巣食う「ドヤ顏中年」の痛々しい実態

シェアハウスではしゃぎすぎる痛々しい中年が増えている!?(※画像はイメージです)

 シェアハウスにオッサンが住むと「若者の中で肩身の狭い思いをする」というのが定説だったが、昨今は開き直った中年入居者の暴挙に若い入居者が辟易する場面も珍しくないという。某シェアハウス管理会社関係者は次のように話す。

「大手管理会社による高級シェアハウスが増えていることもあり、シェアハウスを『若者だけのもの』と尻込みせず、ネガティブイメージを持たない中年入居者は増えています。ただ、そのぶん若い頃の自分を引きずって、モラトリアムを脱し切れてない痛い中年も多いのも事実」

 そんな痛い中年に悩まされている田端さん(仮名・29歳)は語る。

「40代後半の自称プロ作家。若い頃は世界を放浪してだいぶ鳴らしたと自慢話をするのが特徴で、若者を集めては『お前らは気合が足りない』『お前らは恵まれてるけど、俺の若い頃は……』などとお説教。50歳近くになってこんなとこ住んでるお前はどうなのって思いますよ。

 今じゃすっかりハウスのボス気取りで、自分の意見が通らなかったら当たり散らすから手におえない。あと、うちのハウスは外国人も多いんで、休日にみんなで観光案内をしようとなったんです。で、そのオッサンがドヤ顏で英語案内を買って出たのですが、英語が下手くそすぎて外国人たちも微妙な表情。

 作家だというけれど、著書も記事も見当たらず、何で収入を得ているのかわからない。管理人に聞くと、親が金持ちでいまだに仕送りに頼っているということでした。管理人も『早く追い出したい』て言ってますよ」

 すっかり嫌われ者のようだだが、どうやら本人はそれで「モテている」と思っているらしい。

「ただのウザくて面倒臭いオッサンなのに、本人は若い入居者のカリスマでイケてると思ってるんですよ。作家をしながら世界放浪してたっていう『輝かしい過去』がありますから。女のコからの人気? あるわけないじゃないですか」

次ページエロ親父に痛いババアも

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中