VERY妻たちの“トンデモ美学” 「オシャレな介護生活」「自分の名前が古臭くてイヤ」

VERY妻

取材した中には、旦那さんの愛読誌が『SPA!』というVERY妻も……

 昨今、日本中の主婦から“教典”として崇められる女性誌『VERY』(光文社)。

 三浦りさ子が表紙を飾っていた頃の白金コマダム臭を少しずつ脱臭しながら、より高感度なファッション誌へと進化。時にはユニクロもフィーチャーする一見カジュアルな世界感で、「セレブ主婦向け雑誌」というイメージは壊さないまま、今や庶民主婦をもグイグイと取り込んでいる。

 週刊SPA!6月10日号では、「VERY的ライフスタイル」を追求するあまり、家計にまで影響を及ぼす庶民妻の実態をリポートしているが(http://nikkan-spa.jp/651483)、担当編集である筆者が取材を進めながら気になったのは、彼女たちのカネ使い以上に、その「細かすぎるコダワリ」であった。

 実際のところ『VERY』という雑誌は、きわめてセンスがよく、かつ実用的なファッション誌であり、取り立てて珍奇なライフスタイルを提案しているわけではない。ただ、その根底には「他の主婦から羨ましがられるような自分でありたい」という、主婦たちのドロドロとした欲求が流れている。『VERY』そのものには、そうした欲求に自分でツッコミを入れるような洒落っ気もあるのだが、読者までが同様の余裕を持ち合わせているわけではない。

 かくして「理想のVERY的ライフスタイル」の定義を勝手にこじらせた主婦が、世に蔓延中という次第。というわけで、SPA!本誌では紹介しきれなかった、VERY愛読者主婦=VERY妻の珍コメントを紹介していきたい。

 以下、「VERY的生活を営む上で、理想と現実のギャップを感じることは?」という筆者の問いに対しての、VERY妻たちの回答である。

●「自分の名前がイヤ。【民子】なんて『野菊の墓』みたいで古臭い! 昭和臭プンプン。親には悪いけど、もっとオシャレな名前がよかった」(民子さん・39歳)

『野菊の墓』は明治時代の小説では……というツッコミはさておき、VERY的センスとは名前にまで求められるものなのか。ちなみにこの方、「70歳のくせに、ひらがなで【あかり】」というお姑さんの名前に嫉妬しているらしい。

●「坊主頭で野球をやっている息子に対し、『高校に入ったらサッカー部に入って髪を伸ばして』と迫っている」(美紀さん・40歳)

 子供は体のいいアクセサリー。息子さんもいい迷惑だが、次のケースは輪をかけて迷惑だ。

●「旦那が大衆居酒屋を経営しているので、店を閉めてダイニングカフェをオープンさせてほしいと懇願中。新橋のガード下並みにオヤジだらけの店じゃママ友を連れて行けない」(晴香さん・41歳)

 あなたのVERY的生活を支えているのは、その居酒屋なのでは……。

●「夫の祖母(90歳)が最近寝たきりになり、姑から介護を手伝うように頼まれていることが目下の悩み。『VERY』の誌面で《楽しむのがコツ。オシャレな介護生活》とか特集してくれたらやる気になるかも」(絵津子さん・38歳)

“主役は自分”という妄執に24時間とりつかれた女たちの闇は深い。『VERY』、つくづく罪作りな雑誌である……。

<取材・文/日刊SPA!編集部>

週刊SPA!6/10号(6/3発売)

表紙の人/吉高由里子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中