グラドル橋本マナミ「おっぱいを出すことに抵抗はない」

 週刊SPA!6/24発売号の「グラビアン魂」で、その稀有な色気を存分に発揮してくれたグラドル・橋本マナミさん。彼女は30歳を目前に、10年ぶりとなる写真集「あいのしずく」(ワニブックス)を6月27日に発売。そしてこれまでの“限界露出”に挑戦したという。

橋本マナミ

橋本マナミが“限界露出”に挑戦した写真集『あいのしずく』(ワニブックス)は6月27日発売。3024円

橋本:10年ぶりの決意として、新しい私を出したいと思いました。実際、二プレスをつけない撮影に臨んだり、飾らない自分でいたいということでほぼすっぴん、そして29年間生きてきた等身大の私をすべて詰め込みたいっ!という思いで泣いたり笑ったり、言葉では説明できない、いろんな私の表現を詰め込んで作りました。今回の写真集のコンセプトでもある「昭和」テイストをたくさん盛り込むことができましたし、愛人関係というか、そんな“いけない世界観”を私なりに表現できてたかなと思います。そして出来上がりをみたときは、やっぱり涙が出ました。写真集でしか表現することができないストーリーと共に、人の儚さというか弱さ、強さだったり、29歳としての色香や女性らしさ。そんな私のすべてが詰まっていて、感謝と共に、感動でした。

 今回の写真集の見どころはズバリ、表紙からもわかるとおり、その胸元にある。

橋本:胸ポチ(笑)、ですかね。正直、結構悩んだんですよ。基本、おっぱいを出すことには全く抵抗はないのですが、16年間、芸能活動をしてきて、それを今やる意味はあるのか? 両親はどう思うのか? とか、いろんな葛藤があって……。でも、“ここでやらなきゃ誰がやる!”と意気込んで、やることにしました。せっかくの写真集ですし、一つ何か、新しいことに挑戦したいなと思ったんです。

 そして写真集は昭和のエロス満載の仕上がり。でもそれは、橋下マナミの“色気”があってこそ成立する世界でもある。

橋本:最近いきなり色気が出てきて、自分でもびっくりしてます(笑)。やっと人間として確立してきたのかなって。今までの私は、いろんな意味で子供すぎました。例えば、仕事に対する姿勢だったり、恋愛でもしかり、相手任せというか。やっと自分の意思が出てきました。色気のある女性って、どれだけの不幸を経験してきたかだと思うんですよ。もちろん幸せでも綺麗になれるんでしょうが、やっぱり、人間としての深さを出すのって、傷ついたり、ドン底に落ちたりしてこそ、そういうのが色気に繋がっていると思うんです。

 いろいろあって辿り着いた“色っぽいオンナ”の境地。今後もますます色気を増していくであろう“いいオンナ”橋本マナミから目が離せない!

※「グラビアン魂」の未公開ショットを日刊SPA!にて公開中

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=669769

【橋本マナミ】
’84年、山形県生まれ。T168 B86 W60 H88。現在、女優にグラビアと幅広く活躍中の彼女。10年ぶりとなる写真集『あいのしずく』(ワニブックス)が6月27日発売。写真集発売記念イベントが7月5日13:00~、東京・福屋書店新宿サブナード店にて開催。最新情報は公式ブログ「まろやかな日々」でチェック!

<取材・文/日刊SPA!編集部 写真/中山雅文>

橋本マナミ 写真集 『 あいのしずく 』

今年8月で30歳になる彼女が見せてくれた、決意の限界露出以外にも見所がいっぱいの写真集

週刊SPA!7/1・8号(6/24発売)

表紙の人/きゃりーぱみゅぱみゅ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中