中国税関で押収された数千台iPhone6の行方は!?

中国・深センの税関で押収された新型iPhone

中国・深センの税関で押収された新型iPhone

 今回のiPhone6、iPhone6 Plusの発売では、日本全国、いや、世界各地で中国人転売ヤーたちの姿が目立った。都内の各アップルストアでは、行列への割り込み、ルール無視の場所取りなどが問題視され、テレビのニュースになったほどだ。

 しかし、世界一、中国人転売ヤーたちが暗躍したのが香港。中国とは陸続きなので、転売目的の中国人が大挙して押し寄せたのだ。現在、中国・深センと香港の間には5つのチェックポイントが存在するが、発売1週間で深センの中国側税関で押収されたiPhone6、iPhone6 Plusは2000台以上に登るという(人民日報9月24日付)。密輸方法も様々で、8台ものiPhone6を密輸しようとした香港人男性は、リュックの中に入れた3本の一眼レフのレンズの中と、パンツの中で計8台も隠していたという。

 中国の法律では、自己使用以外のスマホを輸入する場合、10%の関税がかけられるが、密輸軍団はもちろん関税を払おうとせずに通過するため、荷物検査で見つかって押収されることになる。関税をその場で払えば輸入できそうな気もするが、そうもいかないようだ。複数台密輸した場合、関税額もバカにならないので、密輸に手を染めるような人間はそもそも支払い能力がないのかもしれない。

 ここで疑問に思うのは、押収された後のiPhoneだ。深センだけで2000台以上の押収となれば、中国各地の税関で押収されたiPhoneは数千台になるだろう。「どうせ、中国の税関職員が自分で使ったり、誰かに転売するんでしょ」と思う人も多いはず。筆者もどうせそうだろうと思っている。過去、筆者は中国の空港で、空港の外で堂々と飛行機搭乗前の保安検査で没収された酒などの液体類、ライター、ナイフを売っている人たちを見てきたからだ。ちなみにその売り子に話しかけたとき、オバハンは堂々と「親戚が中で働いてて、没収したものをわけてくれる」と悪びれずに語ってくれた。

 ただし、今回ばかりはiPhone6への関心が高く、また「反腐敗」を掲げる習近平政権の下で税関職員も「ポッケにナイナイ」はできないようだ。中国税関は中国メディアの取材に対し、「主要紙に開催日時と場所を告知した上で、だれでも参加できる公開オークションをして販売する」と表明。中国のネットユーザーからも「本当にオークションが行われるか、みんなで監視しよう」という声が広がっているようだ。

<文・バーナード・コン(本誌特約) 写真・新華網>

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中