雑学

ネスプレッソ海賊版!?「紅茶カプセル」を飲んでみた

海賊「紅茶カプセル」

1週間程度でポルトガルから無事、到着!

 内食志向が続くなか、家庭で手軽に本格的なコーヒーが楽しめる「カフェ家電」が流行っている。中でもコーヒー好きに人気があるのが「ネスプレッソ(Nespresso)」だろう。専用カプセル式のエスプレッソマシーンで、見た目もオシャレなヨーロッパ家電のデザインとあり、ユーザーも増えているようだ。

 ネスプレッソのカプセルは1個(1杯)あたり約73~84円(日本国内・3月末時点)。この値段で本格的なエスプレッソが家庭で味わえれば安いものだが、それでも中にはもっと安く楽しみたいと思う人もいるだろう。実はネスプレッソは世界中で発売されているだけあり、海外ではサードパーティ製のカプセルも多数、販売されているのだ。

 サードパーティ製カプセルには、空カプセル状態で販売され、自分でコーヒー粉を充填するものや、純正同様カプセルにあらかじめ粉がセットされたものがある。もちろん、サードパーティ製カプセルを使用するとマシンが故障したり、保証などが受けられなくなる可能性もあるが、1カプセルあたり約20~50円前後とリーズナブルなので、海外では利用者は少なくないようだ。

 そんな中、今回、当編集部が入手したのはなんと紅茶のカプセル! え? 紅茶? ネスプレッソなのに!? そう思うのもムリはないだろう。しかし、販売されていた海外ネット通販サイトには、紛れもなく「Nespresso Compatible」すなわち「ネスプレッソカプセル互換」と書かれていたのだ。発送元はポルトガルで、値段は5つで約340円(送料含まず)。

 到着したのがコレ()。フレーバーはミントやミックスベリーなど数種類があったが、今回試したのはレモン&オレンジ。さっそくネスプレッソにカプセルを装着して、抽出ボタンを押す!

 すると、ガガガァァという音という聞き慣れた音が鳴り、無事、茶色の液体が出てきた。ほのかに柑橘系のいい香りが漂う。さっそく飲んでみると、美味しい! 濃い目に淹れたレモン&オレンジフレーバー紅茶といった感じで、風味も豊か。かといって苦すぎることはない。さすが蒸気圧で淹れたエスプレッソティーは普通の紅茶とひと味もふた味も違う。

※【写真】実際に抽出してみた
⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=411876


 紅茶カプセルは海外サイトで手軽に手に入るので、ネスプレッソ所有者は、気分転換にこの紅茶をカプセルを使ってみるのもいいかもしれない。ただし、自己責任ということをお忘れなく。 <文・写真/バーナード・コン(本誌特約)>

Nespresso オートタイプ PIXIE(ピクシー) レッド C60-RE-I

ネスプレッソ史上最もコンパクトかつ「エコ」なマシン




おすすめ記事