秋の行楽にオススメ!? 伊豆半島は「珍博物館」の宝庫

年々増加傾向にある博物館。中には、そのテーマや偏愛っぷりが来館者を楽しませてくれるところも少なくない。そんな、マニアも喜ぶ博物館を紹介。学問の秋を満喫しよう

◆博物館の宝庫!伊豆半島を巡る日帰り旅

伊豆半島

A.まぼろし博覧会 B.ねこの博物館 Ç.怪しい少年少女博物館 D.伊豆極楽苑

 今回は「車で走るだけで次々と変な施設が現れる珍スポットの宝庫」(フリーライターの大竹敏之氏)という伊豆半島で、4館を巡るロケを敢行!

 最初に訪れたのは「怪しい博物館村 まぼろし博覧会」。閉館した秘宝館の展示物を買い取っては作り替えて展示しているという、2011年オープンの評判の施設だ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=732775

 駐車場に着いて入り口を目指したが、その通路の展示から怪しさムンムン。「美少女神社」との立て札の横にセーラー服のゴリラ人形がいたり、婦人警官の人形がカビだらけだったり、「雨ガッパを来たカッパ」と説明の漢字が間違っていたりツッコみどころも満載だ。すでにココで唖然としているカップルもいたが無理もないだろう。

 中に入ってすぐのおみやげコーナーもヘンで、虫捕り網が「幽霊捕獲網」、ビニール袋が「携帯便器」という名で売られていたりする。その横には、サブカル・アングラ系出版社「データハウス」の本が並んでいるのだが、同社の社長がここのオーナーとのこと。

 建物はいくつかのゾーンに分かれていて、まずは「密林にたたずむ大仏と世界古代文明遺跡」へ。この施設、以前は熱帯植物園だったそうだが、生い茂る草木を生かしつつ、その合間に巨大な聖徳太子の顔を設置する発想はヤバい!

 続いて「昭和の時代の通り抜け」ゾーンへ。1945年以降の各年のベストセラーや流行モノ、話題の人の人形などがギッシリ並んでいるが、各所のスピーカーからいろんな音が流れているわ、マリリン・モンローの人形がなぜか2体並んでいるわでカオス状態。続く「悪酔い横丁」は、秘宝館から買い取ったであろうエロい人形が「陰部神社」などの立て札とともに鎮座している。腕がモゲた人形を「傷だらけの天使」と名づけて展示しているのには「力業すぎだろ!」とツッコみたくなった。

 最後の「魔界神社祭礼の夕べ」ゾーンは、新生児や動物の剥製、クジラの性器などが集まったエログロ度強めの場所。裸の妊婦の人形がズラリと並ぶ姿は圧巻だったが、どの人形も180cm級の巨体なのが何より気になった。

 続いて訪れたのは「ねこの博物館」。建物は地中海風でファンシーな雰囲気だが、実は「まぼろし博覧会」の姉妹館。受付の方は「一緒に回られる方も多いんですよ」と言っていたが、ギャップに腰を抜かさないか心配だ。

 1階の「野生ネコの世界」の部屋に入ると、いきなり2m以上あるシベリアトラが現れてビックリ。さまざまなネコ科の動物の剥製を展示していて、「ネコ科動物の単独展示としては世界一の規模」だそう。そして2階は、世界のネコちゃんたちが過ごす展示室&触れ合いコーナー。触れ合えるねこはいい子ちゃんばかりで、時間を忘れて遊んでしまいそうに……。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=732778

 心を鬼にし外に出て、次に訪れたのは「怪しい少年少女博物館」。ここも「まぼろし博覧会」と姉妹館で、展示は昭和レトロな雰囲気。注射器シャープペン、ペーパーローリング、ソフトグライダーなどが並ぶ土産コーナーは懐かしくなること必至!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=732786

 またオカルト関連の展示も多数。300円で購入して釘で刺せる藁人形には、「死ね佐藤!」などの呪いのほか、「年末ジャンボ当たれ!」などのお願いも書かれていて微笑ましい。お化け屋敷は相当な迫力だったが、「ブオー!」と音が鳴った方向を見たらドライヤーがあったのには笑ってしまった。

⇒【後編】『伊豆で“地獄”を見る!「伊豆極楽苑」が面白い』に続く http://nikkan-spa.jp/728117

●まぼろし博覧会
性器神チンガ王の横には「朕のチンにさわれ」「展示品へお手をふれないでください」と但し書きが2つあり混乱を誘う。村崎百郎の展示コーナーも。
住:静岡県伊東市富戸字梅木平1310-1
営:無休
料:1200円

●ねこの博物館
ネコ科の剥製の展示、ねこと触れ合えるコーナーのほか、ねこの置物やキティちゃん、タイガースのグッズなどを展示するねこの美術館も。ねこグッズの販売もあり。
住:静岡県伊東市大室高原7-600
営:無休
料:1300円

●怪しい少年少女博物館
超合金ロボットなどのオモチャ、アイドルのレコード、さまざまなゲームなど、名前通り少年少女たちの思い出の品が盛りだくさん。オカルト関連の物も多い。
住:静岡県伊東市字街道下1029-64
営:無休
料:1000円

【大竹敏之氏】
名古屋ネタライター。『東海発バカルト紀行』、『東海珍名所九十九ヶ所巡り』など珍スポット本のほか、名古屋メシの著作も多数。近著に『コンクリート魂 浅野祥雲大全

― 全国[(珍)博物館]に行ってみた【5】 ―

コンクリート魂 浅野祥雲大全

反骨のコンクリ仏師、祥雲のコンクリ像758体掲載

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中