男の何気ない一言に、なぜ女はキレるのか? 働く女性300人調査でその理由が判明

男の何気ない一言に、なぜ女はキレるのか?

178人がブチギレ判定「君は一人で大丈夫!と強者認定」…独身であることに触れられた不快感、突き放されたような孤独感で女性はブチギレる

 我々の何気ない一言が、女性を密かにブチキレさせている――。サラリーマンなら、誰しもそんな経験が一度や二度はあるだろう。では、彼女たちはいったいどんな言動にブチギレているのか? SPA!では全国の都市部に暮らす20~39歳の働いている女性300人にアンケート取材を敢行。「これを言われたら間違いなくキレる」というものに投票していただき、ランキング化した。ここでは、「オフィスに潜む地雷編」について考察しよう。

 一日の大半の時間を過ごすオフィス。しかも、同僚とは毎日顔を合わせるだけに、うっかり地雷を踏んだ時の被害は甚大。そんな危険地帯でのタブーは“結婚”と“恋愛”だ。「先越されちゃったね」(217人/300人中)、「女は仕事以外でも生きられる」(210人)、「結婚したくないの?」(201人)、「恋愛しないといい仕事できないよ」(189人)と上位を独占した。

「既婚者ってだけで偉そうに! こっちからすれば、あなたの奥さん、どんだけ珍獣ハンターだよって話」(32歳・建設)、「余計なお世話だっつーの! 『そっちは出世レースで先越されちゃってますね』って言い返したら絶対怒るくせに、バカじゃん」(30歳・IT)

 怒髪天を衝くとはこのことだが、本来なら誰もが関心の高いこの2つのトピックが、なぜオフィスではタブーと化すのか? 日本語研究所の石黒圭氏はこう解説する。

「言葉の伝わり方は“場”によって変化します。結婚や恋愛の話題は、女性にとっては“究極のプライベート”。仲間内の私的な場で語り合うのはOKでも、公の場であるオフィスにおいては、それ自体が無礼に感じられるのです」

 公の場では、“女性らしさ”を意識させるような発言も相当危険だ。

「今日の服装(メイク)、気合入ってるね」(160人)、「新人のコが入ってくると華があっていいね」(149人)などはもちろん、「もうちょっと笑顔でいようよ」(185人)程度でも「女はいつもニコニコしてればいいって、バカにしてる? だったら、そっちも男らしく黙って仕事しろ!」(29歳・金融)と過半数がブチギレ。中でも、20代後半~30代には要注意と心理カウンセラーの五百田達成氏。

「この世代は『男女平等』の意識が早くからインストールされています。さらに大企業で働くキャリアウーマンであれば、ハラスメントの知識も豊富。我慢しなくていいことを知っています」

 女たちのダメ出しはこのあともさらに続くのだが、その模様は6/9発売の週刊SPA!に掲載されている『女がキレる[男の発言]ランキング』をぜひ熟読されたし! この特集には「オフィス」「合コン」「デート」「家庭」におけるブチギレランキングだけでなく、「女をキレさせないフレーズ変換講座」「地雷だらけ! オンナの愚問にはこう答える」も堂々掲載。働く男の処世術として、ぜひマスターしてほしい内容がてんこ盛りだ。 <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部 イラスト/市橋俊介>

週刊SPA!6/16号(6/9発売)

表紙の人/広瀬すず

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中