40歳を超えたら仕事は70%に――人生の折り返し地点で僕らは何をすべきか?

 40歳になったからと誰もが「不惑」の境地に至るわけではない。むしろ人生の折り返し地点として惑ってしかるべきだ。先の見えた会社でどう立ち居振る舞うか。劣化著しい体をどうメンテするか。老後までにいくら貯めようか……etc。即始めるべきことをプロに直撃した。ここでは、「ビジネスにおいて、即やるべきこと」を紹介しよう。

◆“先が見えた”その時に僕らは何をすべきか ~ 脱・仕事人間編 ~

 休日返上で社畜のように働く40代サラリーマンは数知れない。そんなビジネスライフに、『40歳からの仕事で必要な71のこと』著者で元広告代理店マンの本田亮氏は警鐘を鳴らす。

40男が人生をこじらせないために即やるべきこと

写真/Eric Kim.

「40代サラリーマンは仕事に追われ、視野が狭くなりがちですが、趣味や家族との時間を犠牲にした人生は決して魅力的とは言えない。事実、誰もが羨む役職につきながらも退職後に焦燥感や孤独感に苦しみ、人生を見失う人は多い」

 ではどうすべきなのか。本田氏が推奨するのが“脱仕事人間”だ。

「40代になれば、職場でのキャリア=ゴールが見え始めます。だからこそ、仕事に注ぐ力を70%に抑え、残りの30%で会社以外のことに目を向けるべきです」

 暇さえあれば仕事のことばかり考えてしまうのが40男の悪い癖。

「暇な日と忙しい日に分けたアンバランスなスケジュール管理をするのも、仕事に注ぐ力を抜くための策のひとつ。裁量がある人なら、会議を1時間で切り上げたり、ムダを減らすことにも繋がります」

 試しに終電で帰宅する日と定時で上がる日を作り、そこに生じた時間を自分のために使う。会社から評価されず気が滅入っていても、そこは“自己評価”で補いたい。

「おすすめは、毎年、目標を設定し、『企画採用で5点』『欠勤ゼロで3点』というように評価基準を自分で決めて自己評価すること。得点方式なので、ゲーム感覚で楽しみながら気分を上げられますよ」

 目標を決めたら“1日10回口に出す”のも手だ。

「『あの部署に異動したい』『プレゼンに勝ちたい』など、周囲の人に伝えることが重要。最初は半信半疑で聞いていた上司や仲間も、何度も呟いているうちに、サポーターになってくれることもある。言うだけならタダ。ダメ元で試す価値はあるはずです」

 しかし、中年にもなると、20~30代の頃のような仕事への情熱も薄れ、刺激もなくなっていく。

「そんなときは『新しい本を読む』、『いつもと違う駅で降りる』など、些細なことでいいから“新しい”ことを取り入れてみる。もしくは20歳くらい年の離れた部下や若者と酒を交わすのも面白い。最新の情報や感性に触発されますよ」

 会社と向き合いつつ、退職後に向けて歩むのも40代の過ごし方。

「料理好きならレシピを毎週1枚書き続けるだけでいい。それでも退職までの20年間で1000枚近くのストックができる。当然スキルも上がる。同じ志の仲間との輪も広がるし、場合によっては退職前に料理教室やレストランのオーナーに誘われる可能性だってある」

 仕事以外での人との縁が退職後の孤独感から救ってくれる。

「生涯付き合いたい人との縁をつなげる努力をすべきですが、難しいことをする必要はありません。メールなどで連絡を取り合えばいいだけ。ただ、年賀状だけの関係なら、暑中見舞いに切り替えましょう。魅力的な人にはたくさんの年賀状が届きますから、覚えてもらうのは至難。むしろ他の人が送らない時期に送れば、印象と記憶に残りますよ」

 10/27発売の週刊SPA!に掲載されている特集『40男が[即やるべき]80の行動』では、上記のような「やるべきこと」をビジネス、健康、マネー、ファッション、恋愛&セックスにわけて徹底考察。40を過ぎて人生をこじらせないために「やるべきこと」が完全リスト化されている。アラフォーの人も、最近こじらせつつあると自覚症状がでてきた30代の人も、ぜひこのリストを参考に生活を見つめなおすことをお勧めしたい。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

【作家・環境マンガ家 本田亮氏】
大手広告代理店でエクゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターを経験。著書に『40歳からの仕事で必要な71のこと』(大和書房)

週刊SPA!11/3・10合併号(10/27発売)

表紙の人/ 香取慎吾

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
40歳からの仕事で必要な71のこと

電通・伝説の上司が教える働き方

関連記事

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中