蛭子能収さんに「生きるのが楽になる秘訣」を聞いてみた

『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』などでブレイク中の蛭子能収さん。どこにいようが、誰といようが、ゴーイング・マイ・ウェイな行動と正直すぎる反応に、人々はある意味、羨望のまなざしを向けているのかもしれない。

 そんな蛭子さんが、日めくり『生きるのが楽になる まいにち蛭子さん』(パルコ出版)を世に出すという。そこで、ご本人に「生きるのが楽になる秘訣」を聞いてみた。

蛭子能収――どういったいきさつで、日めくりを出すことになったのでしょうか。

「どういったって、松岡(修造)さんの日めくりがすごい売れたもんだから、それで出版社が二匹目のどじょうを狙って声をかけてきたんですよ~。オレは言われるままに……」

――松岡さんの日めくりはひたすら熱血で前向きなものですが、蛭子さんのものはまた違った仕上がりですね。日めくりに載っている言葉を例にあげると、1日目には「人生の目的は、死なないこと!」とありますよね。しょっぱなから「これならできそう……というか大前提がそこ?」と思う半面、とても深いような気もします。

蛭子能収「そうですね、そもそもオレの根底には、『死ぬのが怖い、死んだらゼロになる』というのがあるんですよ。死んだら考えることも笑うこともできないし、魂も消滅してしまうことを考えるとすごく怖いなって。だったら生きているあいだは、とにかく自分に正直に、楽しく笑いながら自由に生きたいというのがあるんです」

――日々仕事に追われて疲弊していたり、イマイチ成果を上げられず焦っているサラリーマンに、届けたい言葉はありますか?

「これなんかどうですか?『勝ち組って、たまたま勝ちが続いてるだけでしょ?』。オレ、勝ち組・負け組っていう言葉好きじゃないんですよ。たまたま良いときがあったら勝ち組と言われるけれど、これはたまたまなんですよ。負けてるときもたまたま。だからいつでも逆転可能だし、勝ち組だってずっと勝ち続けていると思われているけれど、負け組になることもあるだろうし。負けているときも、もしかしたら(俯瞰してみたら)勝っているかもしれないし。だから勝ち組・負け組なんて言葉でくくれるような、勝ち負けが決まったものはない、ということですね。ギャンブルもね、勝ち負けがはっきりするんですけど、だけどずっとかけ続けたら勝ち組になるかもしれないし、わかんない(笑)」

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=997537(※日めくりカレンダーより)

蛭子能収――「生きるために、オレは奥さんが必要」ってこれまで表だって話していない本音もありました。最初の奥様が亡くなられて、1年も経たないのに新しい奥さんを探すなんてという声もあったそうで。

「最初の奥さんが亡くなったとき、本当に落ち込んで、毎日がつまらなくて生きる希望が全然なくなって。かたちはいろいろあるけれど、結婚して男女が一緒に住むのがいいんですよ。そうしないと夜があまりに淋しいから(笑)。だから生きる希望を見つけるために新しい嫁さんを必死で探したんですよ。あちこち声をかけましたけどね、大体断られました。ファンレターくれるからオレのこと好きなのかなぁ~って大阪まで会いに行ってフラれたり……。オレじゃなくて漫画が好きなんだって」

――カレンダーのグラビア、編集サイドは“愛され写真”がテーマらしいですが、撮影はどのような感じで進みましたか?

「いや、もうカメラマンの言われるがままに。あ、この平和島でロケしたときオレ負けたんだよな……」

――では最後に、一言をお願いします。

「とにかく、これを買えば……蛭子になれます。なりたくない人は買わなくていいです(笑)」

 こんな調子で日めくりにはほかに、「空気を読んでそんなにいいことあります?」や「どうせ人は適当に言っているだけ、プレッシャーなんか感じる必要ないですよ」などゆるいけれどちょっと救われる蛭子さんワールド全開な言葉がてんこ盛り。刊行を記念して、1月1日からは大個展開催が決定。蛭子さんの歴史をたどる漫画作品のほか、描き下ろし作品なども展示されるそう。年始から蛭子ワールドに浸ってみるのもいいかもしれない。

蛭子能収【蛭子能収さんサイン会】
『生きるのが楽になる まいにち蛭子さん(日めくり)』(パルコ出版)の刊行を記念して、サイン会を実施
日時:2015年12月3日(木)19:00~
場所:紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース
整理券の配布:4階レジカウンターにて『生きるのが楽になる まいにち蛭子さん(日めくり)』を購入した方先着100名に参加整理券を配布
電話予約:03-3354-5704 新宿本店4階自然科学・カレンダー売場(10:00~21:00)
※サインは対象カレンダーのみ
※写真撮影(ツーショット)はお客様ご持参のスマホ・デジカメでスタッフが撮影。整理券1枚につき1回のみ

●蛭子能収(えびす・よしかず)
1947年10月21日、長崎県生まれ。看板店、ちり紙交換、ダスキン配達などの職業を経て、33歳で漫画家になる。タレント、俳優、エッセイスト、映画監督など、多ジャンルで活躍中。主な著書に、『蛭子能収コレクション』(マガジン・ファイブ)、『ひとりぼっちを笑うな』(角川書店)、『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社)などがある

<撮影/山川修一(本誌) 取材・文/おはつ(本誌)>

生きるのが楽になる まいにち蛭子さん

日めくりシリーズに満を持して、蛭子さんが登場

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中