マネー

「ブランド品の箱だけ」が1000円で売れる。ネット転売できるゴミ&不用品とは?

 今や「副業」はサラリーマンにとって切っても切れない処世術。とくに、転売はアプリなどインフラの充実によって気軽に参入できるようになった。だからこそ、差をつけて確実に売りたい。月に10万円以上稼ぎ出す賢者たちにそのコツを聞いた。

壊れていても売りさえすれば儲けになる!

――不用品【月の儲け:5万~6万円】

「家庭にある日用品はもちろん、ゴミ同然のものでも売り方さえ考えれば売れるんです」と語るのは、主婦でありながらオークションの達人として活躍する川崎さちえ氏。

川崎さちえ氏

川崎さちえ氏

「例えば、なかなか売れないボロい古着や汚れた古本などは『子供服5枚セット500円』とか『漫画5冊セット』とかヤフオクで出品します。あと、家電なども壊れていても『ジャンク品』とちゃんと書いておけば、数百円で売れることもあります。基本、私はモノを買う時点で、『売る』ことを意識するので、状態にも気を使います」

 転売目的でモノを買い、丁寧に使う。「美品」として、買い手にとっても決め手となる。

「洋服一枚を選ぶにしても、ノーブランド品とユニクロなら、知名度があって転売しやすいユニクロの洋服を買う。『転売しづらいな』と思うものは自然と自分で選ばなくなるので、身近な日用品でもスムーズに転売できるんですよ」

 また、誰もが捨てるようなモノも、視点が変わればお宝となる。

「ヤフオクなどではバーコードが印字される前のチロルチョコの包み紙が20枚セット4万円で売っているなど、ゴミに見えるものが高値で販売されていることも多いんです。駅弁の包み紙やディズニーランドの使い終わったワンデーパスポートなどもコレクターがいるので捨てないで。あと、コレクター商品として注目なのはスタバのマグ。海外のご当地マグは日本では手に入らないので高く売れます。以前、パリやシンガポールでおみやげに買ったマグを転売したら、2000円のものが2800円前後になりました。日本国内でも毎年季節限定のマグは売っているので、買って1年くらい寝かせてから、転売するのもオススメです」

 転売でカネが手に入るだけでなく、転売市場で売れるモノの目利きが備わることで、「売れないもの」を買わないという好循環が生まれる。不用品転売は二重の意味で、お得だといえそうだ。

【ブランドの箱だけ】落札1000円
「箱は要らない」という知人からもらって集めたもの。綺麗に保管さえできれば、もらいものもカネになる!

ブランドの箱だけ
次のページ 
「使いかけのアイシャドウ」が売れる

1
2




おすすめ記事