エンタメ

渋谷直角の原作漫画が、妻夫木聡×水原希子×大根仁監督で映画化決定――『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』

 漫画家、コラムニストとして活躍する渋谷直角の長編漫画『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』(扶桑社刊)が妻夫木聡×水原希子×大根仁監督のタッグで映画化される(公開は2017年)。

 主人公は、奥田民生に憧れる35歳の雑誌編集者・コーロキ。コーロキは、仕事で出会ったファッションプレスの美女・天海あかりにひとめぼれするが、それが地獄の始まりとなるのだった……。

 もう決して若くはないとはわかっているけど、仕事で迷い、今後の人生を憂い、うっかり恋に狂ったりもする……いつになったら、奥田民生みたいに「力まないカッコいい大人」になれるのか?

 青春と中年の間でもがく男の姿を活写した原作は、男女問わず漫画好き、音楽好きの心を捉えたが、主演を務める妻夫木聡も実はそのひとりだった。

「この作品との出会いは原作が事務所に送られてきたことでした。そのとっても素敵な題名にビビッときたというよりも、僕はそもそも奥田民生になりたいボーイです。ずっとずっとなりたいボーイなんです。全国にいる奥田民生になりたいボーイズ代表として、軽く笑えるユーモアとうまくやり抜く賢さでいい感じの作品に仕上げられたらと考えております。皆様、出来上がりまでゆるーくお待ちくださいませ」(妻夫木)

 原作を読んだ俳優自らの発案で映画化が実現したわけだが、これは極めてレアなケース。

 原作の渋谷も驚きと興奮を隠せないようだ。

「去年この漫画を出したときに、大根さんが『俺、撮ろうかな』と言ってくれて、また別のところで妻夫木さんが『俺、やろうかな』と言ってくれて、それによって民生さんが『まあ、かまわんよ』と言ってくださったことで、こんなドえらい展開になった、らしい……と、僕は理解しています(実際はもっといろいろ事情が違うかもしれませんが、そう思いたい)。このお話を聞いてから、『ううー、嬉しいなあ!』と何度口にしたかわかりません。『妻夫木さんにもこの漫画、送ってください』と編集さんにお願いしたときは、もちろんこんな展開を狙っていたわけではなく(狙ってできるもんじゃないですし)、単純に俳優さんとして好きだったのと、(どうもこういう類いの本も意外と好きらしいぞ)的なウワサをどこからか聞いて、『もしかしたら、気に入ってくれるかもしれない』『事務所に送るぶんには迷惑じゃないよナ』くらいの気持ちでした。それがめぐりめぐって、まさか主人公を演じていただけることになったのですから(また、役にピッタリだあ~!という喜びも)、何が起こるかわからないです。告白は、ダメ元でも勇気を出して。どうか届けと、つぶやき投げるとよい(手引き)。そんな感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!!」(渋谷)

 また、監督を務める大根仁(『モテキ』『バクマン。』)は、渋谷が出世作『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』(扶桑社刊)のもととなる鉛筆書きコピー漫画をゲリラ販売していたときから渋谷作品を応援していた。渋谷としては感慨もひとしおだが、実は大変な裏事情もあるようで……。

次のページ 
渋谷直角「僕は今、監督の命令で…」

1
2




おすすめ記事