エンタメ

放送作家・鈴木おさむが明かす門外不出のヒットのカラクリ

鈴木おさむ

鈴木おさむ

 テレビの構成をメインに、次々とヒット企画を生みだしてきた鈴木おさむ。その手の内を明かしたビジネス本『新企画』が話題だ。従来の精神論に終始したビジネス本とは一線を画し、そこにはメシの種ともいえるテレビやネット、アプリにまつわる55の新企画と、発想のポイントが公開されている。

「もともとテレビやネットの新企画ばかりをまとめた本を出してみたいという思いはあったんです。その後、子供ができて、仕事を減らして子育て稼業をするうち、『子供が寝てから何かモノを作りたいなあ』と思って、この本を書きました。この本には地上波では成立しない企画も入っているんですけど、ここで出しちゃうことで逆に膨らむんじゃないかという期待もあります」

 生活も仕事も自分の中ではすべてリンクしており、育児や家事に向き合っている今だからこそ生まれた企画もあると語る鈴木。毎日更新しているブログからはこんな企画も生まれた。

「去年、大好きな放送作家さんが亡くなって、僕の携帯の中の消せない番号が3つになったんです。そのことをブログに書き、『皆さんの携帯にも消せない番号はありますか?』と聞いたら、たくさんのコメントをいただいて。その中には市川海老蔵さんの書き込みもありました。そこから考えたのが、携帯片手に消せない番号やメールについてゲストに語ってもらう番組です」

 熱い話が飛び出しそうなトーク番組の企画もあれば、ネット番組でしか成立しないような企画も掲載されている。例えば「金の神」という企画。内容は、2人のカリスマ投資家に1000万円を渡してあらゆる投資術を駆使してもらい、3か月後にどちらの持ち金が上かを競うというもの。実在の企業名がバンバン出てくることになるので、地上波では実現が厳しいだろう。

次のページ 
「地上波じゃできないことを考えるなら…」

1
2
3
新企画 ― 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます

<本書に掲載されている「新企画」をビジネスでご利用になりたい方は下記までご連絡お願い致します>の文言とともに、担当編集の個人アドレスを晒す本気っぷりに各方面から反響が




おすすめ記事