スポーツ

忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回

ロイヤルランブル92

ビンス・マクマホンはボディービル団体WBFの設立を発表。“ステロイド疑惑”の なかでドラッグ・フリー・スポーツ・エンターテインメント路線を宣言した。(写真 は「ロイヤルランブル92」のケーブルTV用宣材オフィシャル・ポスターより)

 ビンス・マクマホンは3つのアジェンダ=重要課題を抱えていた。ひとつめは1月のPPV“ロイヤルランブル”のプロデュースで、ふたつめはスーパーイベント“レッスルマニア8”のプランニング。そして、“ロイヤルランブル”と“レッスルマニア”にサンドウィッチされる形で、4月からスタートを切るボディービル団体WBF(ワールド・ボディービルディング・フェデレーション)とそのテレビ番組“ボディー・スター”の制作準備が同時進行していた。

 1・19“ロイヤルランブル”はニューヨーク州オーバニーのニッカボッカー・アリーナに1万7000人の大観衆を動員した。30選手出場の変則時間差式バトルロイヤル“ロイヤルランブル”は、3番めにエントリーしたリック・フレアーが1時間2分のマラソン・マッチを闘い抜き、セッド・ジャスティスをオーバー・ザ・トップロープで場外に転落させて優勝。空位になっていたWWE世界ヘビー級王座を手に入れた。

 試合開始から50分経過の時点で26番めにエントリーしてきたハルク・ホーガンは、アンダーテイカー、バーザーカー、ウォーロードらを場外に放り捨てたが、ロープサイドでフレアーと接触したところを背後からセッドに襲われトップロープから場外に転落して失格。フィニッシュ・シーンでは、フレアーとやり合うセッドの腕をホーガンが場外からひっぱってトップロープごしにリング下に転落させた。

次のページ 
試合終了後は…

1
2
3


ハッシュタグ




おすすめ記事