雑学

あの行列の店はいま…「ブルーボトルコーヒー」「タコベル」に並んでみた

炎天下にもかかわらず行列を目にすることはないだろうか。しかし、行列になっているのは現在人気のある店ばかり。かつての人気店は、今もまだ行列をなしているのか。精鋭記者たちが体を張って確かめてきた――

●タコベル
全米を中心に世界で6000店舗以上展開するタコスチェーン店。「シュリンプ&アボカドブリトー」など、日本限定メニューも。“通”は具材を層にして5角形に包んだ「クランチラップ」を注文するそうだが、最初は定番タコスが無難かも

タコベル=================

 アメリカ発のメキシカン・ファストフード「タコベル」。’80年代後半に東京と名古屋に出店するも、業績が伸びず、撤退を強いられた過去を持つ。昨年4月に再起をかけて渋谷に出店。初日には開店前からファン200人以上が並び、3時間待ちとなった。1年以上過ぎた今、行列はいかに。

 平日のランチタイムに来店したとあって、並ぶのを覚悟していたが、待ち時間はなんとゼロ。2つのフロアからなる店内は、フリーターっぽい男性1人客や、カジュアルな20代前半の女性グループが大半で、客の入りは50%といったところ。もはや、ファストフード店として定番化した? 店内を観察していると、スタッフがアンケートやナチョスの試食を提供して回るなど、プロモーション活動に勤しんでいる。小誌記者もアンケートに協力したところ、10%割引クーポンとソフトクリームの無料引換券をいただけた。

 汐留に2号店ができ、今夏には青山、お台場と出店が続く。定番化に向け、顧客サービスにも力を入れるタコベル渋谷店は、今こそ、狙い目なのかも。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1167352

タコベル【今回の待ち時間】:0分

次のページ 
一時はコーヒー1杯に2時間待ち!人気店の“今”は?

1
2




おすすめ記事