恋愛・結婚

「風俗で中年童貞を卒業している人」は意外に多い。人間関係を学ぶには最適!?

30歳を過ぎても性交経験がなく未婚という「中年童貞」が近年増加している。なぜ彼らは童貞のままなのか? 200万人にまで増加した背景は? さまざまな中年童貞のタイプから、彼らの実態をリポートする!

中年童貞こそ風俗で人間関係を学んでほしい!


生駒 明氏

生駒 明氏

 熱烈なファンに支えられる風俗情報誌『俺の旅』の編集長、生駒明氏。中年童貞にとって風俗なんて無関係かと思いきや、「実は秘密にしているだけで、ソープで中年童貞を卒業している人は意外に多いです」と生駒氏は語る。

「ウチの読者はがきでもそんな報告をしてくれる人はかなり多い。なかにはそのままソープにハマる人もいるほどです。やはり風俗は懐が広いですから、臆せずに飛び込めば、受け入れてくれるんです。今どきのコは性病リスクだって素人よりずっとしっかりしてますよ」

 そんな生駒氏に不満だらけの中年童貞たちの姿はどう映るのか。

「自分も大学卒業後、就職先が決まらず、地元に戻ってからも仕事もカネもない。ましてや友達も彼女もいない、すさみきった生活をしていました。初体験は学生時代に恋人と済ませましたが、就職後は当時の打ちひしがれていた自分をフーゾクに救われたという思いが強い。中年童貞も生い立ちとか、社会の不平等を嘆く人が多いですが、まずは自分の境遇を受け入れること、もしくは受け入れてくれる誰かを見つけることからスタートしてほしいです」

次のページ 
現在の境遇を他者や社会のせいにするのはやめる

1
2




おすすめ記事