スポーツ

優勝したのに大損…MLBシカゴ・カブスが優勝パレードのせいで公園に4000万円以上支払うはめに!?

 今年、108年ぶりのメジャーリーグ制覇を達成したシカゴ・カブス。

シカゴ・カブス 日本人では川崎宗則選手も所属しており、国内でもその偉大な歴史と偉業について大きく取り上げられていた。しかし、現地時間の11月23日にシカゴの地元メディア『シカゴ・トリビューン』が「カブスが公園に38万8,000ドル支払う」という見出しでニュースを報道。米国Yahoo!でも取り上げられるなど、その奇妙なニュースに多くのファンが関心を持った。一体、何が起こったというのだろうか?

 事の発端は、優勝パレードだった。カブスの本拠地であるリグレー・フィールドからスタートし、およそ500万人近くのファンが選手たちを祝福した。その結果、最終地点だったグラント・パークの敷地内は荒れてしまい、市の概算によると約4370万円(38万8,000ドル)の修繕費がかかる見込みに。

次のページ 
実は初めてではない修繕工事

1
2




おすすめ記事