ニュース

拘束ジャーナリスト常岡浩介「怖い尋問を“爆笑尋問会”にするサバイブ術」

 ’10年にアフガニスタンで5か月余りの拘束の後、生還を果たしたときも常岡氏は策を弄していた。 「拘束場所の上空に米軍のドローンがよく飛んできたので、犯人グループがいるときは屋根のあるところに身を隠して、『私がここにいることがわかれば、あなたたちは攻撃される』と恩着せがましく話しました。そして、監視がいないときは、目立つよう上半身裸になって外に出て、ドローンに自分の姿を思い切り撮影させていた。でも、サバイブ術というより、犯人と一緒にいるときは仲良くして、一緒にいないと出し抜くんだから、ただの性格悪いヤツですよ(苦笑)」  ときに舌鋒鋭く公安警察を批判し、ときにユーモラスに自身の拘束を語る常岡氏が、声のトーンを落としたのは、’15年7月からシリアで拘束されているジャーナリストで、友人でもある安田純平氏について尋ねたときだ。 「拘束しているヌスラ戦線は、これまで一度も外国人の人質を殺害していない。ただ、シリアの反体制派を支援するアメリカがトランプ政権となり、アサドとプーチン側につく可能性がある。もしそうなれば、日本人を含む欧米人を敵と見なし、安田くんの危険は増すことになる……」  常岡氏が何度も捕まるのは、そのたびに生還しているからだ。安否が心配される安田氏にも、そうなることを期待したい。
次のページ 
常岡浩介氏 拘束の歴史
1
2
3
イスラム国とは何か

三度の潜入取材に成功、世界でただ一人のジャーナリストが語る衝撃の日本人人質事件の背景とは…“脅威”の実像に迫る!

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事