ニュース

拘束ジャーナリスト常岡浩介「怖い尋問を“爆笑尋問会”にするサバイブ術」

 過激派組織IS(イスラム国)とイラク政府軍が激戦を繰り広げるイラク北部で2016年10月27日、ジャーナリストの常岡浩介氏はクルド自治政府治安当局に拘束された。ISの拠点都市モスルの奪還作戦を取材中だったという。ISのキーホルダーを所持していたことで、「ISのスパイ」と疑われたのだ。紛争地の取材中に幾度となく拘束され、“拘束ジャーナリスト”と呼ばれる彼は、なぜ何度も戦地へ赴き、そして捕まるのか――

怖い尋問を“爆笑尋問会”にする技術!


常岡浩介氏

常岡浩介氏

 2016年10月27日、クルド自治政府治安当局に身柄を拘束された常岡氏だが、今回もオリジナルのサバイブ術を駆使していた。

「尋問の最初の1時間ほどは、捜査員は口調も厳しく、強硬な態度でした。でも、取材現場での経験を話したら和やかな雰囲気になり、ついには“爆笑尋問会”みたいになった(笑)。捜査員にはこんな話をしました。取材現場で偶然、ISの司令官と会ってしまい、家に連れていかれ、『首、斬られるかも!?』とビビりました。そうなりたくないから、フレンドリーに振る舞おうと思ったけど言葉が通じない……。とにかくニコニコ満面の笑みで、家にあるものを指さしては『スゴい! スゴい!』と感動して、褒めてることを伝えようとしたり、一緒に写真を撮ったり、銃を持った司令官の写真を撮って、ツイッターにアップしました(苦笑)。その後、司令官とフェイスブックのチャットで連絡をとったのですが、お互い言葉が通じないので、司令官から『I love you』ときて、僕が『me too』と答えるようなやり取りを延々と続けた……という話を、僕としては真剣に捜査員に話したつもりでしたが、彼らは爆笑してましたね(笑)」

次のページ 
サバイブ術というより、ただの性格悪いヤツ

1
2
3
イスラム国とは何か

三度の潜入取材に成功、世界でただ一人のジャーナリストが語る衝撃の日本人人質事件の背景とは…“脅威”の実像に迫る!




おすすめ記事