恋愛・結婚

胸の大きな女子が明かす“信用できる男”の見分け方

【週刊SPA!連載 痛男!(イタメン)】
―『負け美女』のオトコ観察絵日記 犬山紙子 ―

ロリ巨乳女子が明かす”信用できる男”判定術


若さを褒められても… 子どもが鼻が詰まって苦しそうにしてると、私もリアルに息苦しくなってしまうことがよくあります。自分の鼻は詰まってないのになぜ苦しい? 母性とか神秘がどうとかフワッとしたやつじゃなくて科学的に知りたいと思っていたら、仕事で脳科学者の中野信子さんにお会いできることに。

 その答えは、ミラーニューロンという神経のせいでは、とのことで。この神経、他人の行動を見て、まるで自分が同じ行動をとっているかのように「鏡」のような反応をするものだそう。なるほど、とすんなり腑に落ちたわけですが「このミラーニューロンの働きで、AVとかが成り立つんですよね」と。

 確かにそうだ。自分ができるわけでもないのに、みんな興奮してるわけですものね。人間ってのは案外ちょろい生き物なのかもしれません。

 さて、今回はAVがらみの話であります。23歳のAちゃんは新卒で某IT企業に入ったショートカット美女。くりっとした目に色白華奢と男ウケがハンパなく、非常にモテるわけです。で、もちろん会社でもかなりアプローチを受けるそう。

「どんなアプローチが嬉しいか?」と聞くと「私ならではのところを褒めてもらえると嬉しいですね。考え方とか仕事の仕方とか。逆にそういうところを褒めてくれる人はあんまりいないんですよね」とのこと。

「代わりに、属性を褒められることが多くて……」

 ん? 属性とは…?

「大学生のときは、女子大生だね~若いね~最高~とか。『若い』って褒められても、そのうち年はとるしって思うから嬉しくない。ああ、この人にとって私の価値は若さなんだってわかると、むしろ嫌な気持ちがして。お付き合いしようという気にはまったくならないですね」

 なるほど、これは女でも若い子には言いがちなんだけど、確かに褒めてるわけでもなんでもないわ……気をつけよう。

次のページ 
若さだけじゃないうっかり言いがちな禁句

1
2
★痛男!エピソード大募集★
犬山紙子さんにぜひ聞いて欲しいアナタのまわりの「痛男!エピソード」募集します⇒投稿フォーム(https://nikkan-spa.jp/inquiry
※題名には「痛男!エピソード」と記載してください。なお、いただいたエピソードは、週刊SPA!および日刊SPA!にて採用させていただくことがございます。ご了承ください

高学歴男はなぜモテないのか

すべての男性に伝えたいコミュニケーション力のツボ





おすすめ記事