雑学

やりたいこともないのに「起業家になりたい」という27歳男子の危うさ

【週刊SPA!連載 痛男!(イタメン)】
―『負け美女』のオトコ観察絵日記 犬山紙子 ―

痛男!

「起業家になりたい」という願望の危うさ


 小学生の頃、将来の夢と聞かれて「社長」と答える男子は結構多かった印象ですが、金持ちになりたいという純粋な気持ちだったのでしょう。私も「なんかかっこいいから」という理由で「博士」とか適当なことを言っていましたし。今回は将来の夢が「社長」の27歳男子のお話。

 経営者のG君(40歳)が友人のホームパーティに出向いたところ、友人の親戚という真面目そうな風貌のK君を紹介されたそうな。

 K君は口を開くなり「Gさんって経営者なんですよね? 僕も起業したいんです」と相談をしてきたそうで。

「初対面の相手にすぐさま自分の人生相談とは。コネか何かつくりたいのかな?」と、そもそも苦手なホームパーティというものに来たことをG君が後悔していたら「起業する前は何をやっていたんですか?」と聞かれたので「学生のときに起業したので……」と返事。

 すると「え? 経営の学校とか塾とか行かなかったんですか? そういうのに詳しい仲間がいたんですか?」と斜めからの答えが返ってきた。経営の塾って……!

 G君が「登記なんて塾に行かなくても誰でも調べればできるよ」と答えると「あ、じゃあ大学はどこですか? SFCとか?」「大学は行ってません。専門学校卒です」「ええっ」というやりとりに。どうやらこの回答にK君は満足いっていない様子だったそう。

 そしてG君、この手の話で一番大事なことをまだ聞いていないと思い、「K君はどんなことがしたくて起業するの?」と聞くと「なんかメディアを……カメラマンとかデザイナーとかプログラマーを集めて、僕はライターかな?」とふわっとした答えが返ってくるだけで、何をやりたいかがほとんどないことが判明するという……。

次のページ 
「起業家というものになりたい」人だった

1
2
★痛男!エピソード大募集★
犬山紙子さんにぜひ聞いて欲しいアナタのまわりの「痛男!エピソード」募集します⇒投稿フォーム(https://nikkan-spa.jp/inquiry
※題名には「痛男!エピソード」と記載してください。なお、いただいたエピソードは、週刊SPA!および日刊SPA!にて採用させていただくことがございます。ご了承ください

高学歴男はなぜモテないのか

すべての男性に伝えたいコミュニケーション力のツボ




おすすめ記事