恋愛・結婚

セクキャバの変遷を知れば夜遊びの流行が見えてくる――都内セクキャバ20年史

 男性読者には馴染み深い夜遊びがセクキャバだ。セクキャバといってもショーパブ、オッパブなどその業態は様々だ。セクキャバの歴史が始まったのは1990年代。ピンサロが派生し「ヌキなしのお触りパブ」として90年代後半、全国的に広まった。

 セクキャバで働く女性の大半は、当時流行していたガングロ・ヤマンバギャル。この頃のキャバクラはクラブの庶民版のようなもので、キャバ嬢も今ほど派手ではなかった。援助交際やブルセラ全盛期、ギャルのブランド価値は上がったが、彼女達を雇う店は少なかったため、セクキャバに集まったのだろう。キャバクラでのギャルの日給が1万円だとすれば、セクキャバはその2~3倍。給料は全額日払いで貰え、ピンサロや風俗に比べると病気や顔バレのリスクが低いのも理由だろう。つい最近までJKだったギャルと、合法的にエロイことができるセクキャバはヒットし、その後首都圏に乱立する。歌舞伎町と六本木ではキャバクラよりもセクキャバが目立っていたほどだ。時代の流れとともに変化したセクキャバの歴史を紹介しよう。

現在のショーパブ最先端。バーレスク大阪

90年代後半


 セクキャバが増え始めた頃、最も多かったのは「タイのゴーゴーバー型」。ステージに並ぶ女の子の中から指名して席に着けるというもの。指名料はなく、ワンセットに2、3回行われるショータイムにチップを払う。ショータイムは女のコが客の膝の上にまたがり、当時流行りのユーロビートに合わせて女のコが腰を振るものだった。店は大箱のものが多く、常に20人近くの嬢が待機していた。

2000年初頭


 90年代まで歌舞伎町に多かったセクキャバは、六本木に進出。全フロアがセクキャバの雑居ビルができたほどだ。小箱のセクキャバも増え、同時に様々なコンセプトの店がオープンする。特に人気だったのはコスプレ系。スチュワーデス、OL、セーラー服、花魁と、ハロウィン以外でもコスプレギャルを見ることができた。また、五反田の痴漢型セクキャバが人気に。電車内風の店内で「次は五反田~、五反田~」と車掌に扮したボーイのコールで始まるショータイムは、セクキャバファンの間でも大きな話題となった。しかし、様々なセクキャバがオープンしても、サービスは似たり寄ったりであった。その差別化を図るために、セクキャバは徐々に過激さを増していった。

2001年~2003年


 セクキャバが派生してできたのが、さらに過激なノーパンパブやショーパブ。六本木や歌舞伎町の路上で「オマ◯コいかがですかぁ~!」と客引きするギャルは衝撃的だった。この頃は客引きが禁止されておらず、路上で「オッパイ舐め放題!」「オマ◯コ丸見え!!」と叫ぶ客引きも多くいた。また、ショーパブでは過激なショーが行われていた。オ◯ンコから吹き矢を飛ばしたり、女のコ同士で挿入したタンポンの紐を結び引っ張り合う「タンポン相撲」など。これらを披露していたのは、元・吉原のソープ嬢だ。その見事な花芸に圧倒されたものである。

次のページ 
カリスマキャバ嬢が登場した2003年

1
2





おすすめ記事