雑学

やはり駅弁の王様!「新作ウニ弁当」三つ巴の戦い<53回駅弁大会実食リポート>



 最後は海鮮系駅弁の雄、北海道は小樽からやってきた「まるごと雲丹と本ずわいのっけめし」(1480円/北海道 函館本線 小樽駅)。駅弁好きの間では名弁の誉れ高い「海の輝き」を生み出した「小樽駅構内立売商会」が自信を持って送り出した新作だ。

 意外と大きい箱に期待を膨らませつ掛け紙を取ると、まさに「宝石箱」だ。そぼろ状になった蒸しウニがびっしりと敷かれ、その上には本ずわい蟹の爪肉と棒肉がデンと鎮座。レンコンの扇から放射線状に伸びる蟹の足は、芸術品の域。

 まずはウニから。出汁で煮込んでいるウニは少し甘めの仕上がり。おぼろ昆布と塩昆布、2種の昆布を敷いた酢飯とともにいただくと、グンと伸びてくるウニの風味。カニの爪を手で豪快に掴み、肉を吸い取るように食べる。カニの甘みとウニ飯の甘みがマッチして、さらなる美味しさに。つけ合せの数の子の山海漬けも“北海道の味”で抜かりない。

海鮮系駅弁はやはりインスタ映えする!?

 今回の駅弁大会では、幻の駅弁と言われた岩手県三陸鉄道の「うに弁当」の実演販売にも多くの行列ができていた。ウニは肉系とは違い素材本来の味で食べさせる王道の駅弁。「ウニの存在感ここにあり!」老若男女を虜にする実力を思い知らされる対決であった。

 駅弁記者は明日以降も会場に出没し、注目の味、鉄板の味、隠れた逸品、珍品をレポートします!
 <取材・文・撮影/駅弁記者(参加=11年連続16年目)>

1
2
【第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会】
1月10日(水)~23(火)
京王百貨店新宿店7階大催場
午前10時~午後8時 ※17(水)は午後5時、23(火)は午後6時閉場
https://www.keionet.com/info/shinjuku/ekiben2018/index.html




おすすめ記事