マネー

仮想通貨はガチホが正解!? チャートマニアが考える「ZaifトークンとCOMSAの行方」

連日のように取引所のテレビCMが流れ、街にはトレーラーを使った車両広告まで登場。仮想通貨の盛り上がりは、前年以上の過熱感を伴ってヒートアップしている。コインチェック、ビットフライヤーとともに日本の三大取引所に名を連ねるZaif(ザイフ)を主戦場に旺盛な投資活動を行うkiara氏(@akiran0701)に、ZaifとICOプラットフォームとして注目を集めるCOMSA(コムサ)について、寄稿してもらった!

COMSA

日本発のICOプラットフォームとして注目され、109億円を集めたCOMSA

9万円から2000万円まで資産が膨張


 SPA!読者の皆様、はじめまして。kiaraと申します。簡単な自己紹介させて頂きます。株歴3年、株では大損、追証も経験しました。

 そんな私が昨年3月に仮想通貨に出会い、2.17円で9万円ほど購入したXRP(リップル)で一気に資産を増やし、今はICO投資してる資金を合わせれば2000万円越えまで資産が増えました。その間、毎日チャート分析をしており、様々な通貨と出会いました。また、自身が開催している仮想通貨オフ会などを通じて全国各地の方々と出会い、より仮想通貨に魅了されていきました。

私が愛する取引所Zaifとは?


 私がよく利用する仮想通貨取引所は、株式会社テックビューロが運営するZaifです。Zaif取引所で取り扱いのある有名銘柄といえば、昨年の年初3円から2300円まで跳ね上がったMonaCoin(モナコイン)や、XEM(ネム)など、仮想通貨元年と言われた昨年、非常に話題となった通貨があります。

 そんなZaifで売り買いできる物の中で2種類、私が注目しているトークンがあります。今回は私なりに、2018年のこの2つの行方、今後の期待も合わせて寄稿させていただきます。

Zaif

ビットフライヤー、コインチェックと並び大手取引所として人気のザイフ

 まず1つ目のZaifトークンとは、Zaifで取引できるトークンの1つです。そして2つ目に挙げたいのがCOMSA。これはZaifを運営するテックビューロが行なっているプロジェクトです。企業経済とパブリックブロックチェーンとの架け橋となることを目的としています。

 COMSAは現在CMSトークンをZaifに上場させており、Zaifトークン同様、誰でも売買できる状態です。

大ニュースとなったZaifトークンの年初来高値更新


 まず、Zaifトークンについて話します。

 ZaifトークンとはZaifが発行するトークンであり、以前はZaifが行うキャンペーンに使われたこともありました。このZaifトークンが`17年12月、年初来高値を更新致しました(最高値4.3円)。Zaifトークンには投機的な一面もあり、一般的なアルトコインやトークンと比べると利用されるケースがあまり掲示されていないため、参加者同士の憶測での価格高騰が強い印象です。

 私なりに急騰の背景に、他の取引所との連動が少なからずあると考えております。これは先日、海外取引所Binance(バイナンス)が取引量No.1になり、仮想通貨界隈でも大きなニュースとなりましたが、このBinanceが発行するBinance Coin(BNB)の急騰に“連れ高”となってZaifトークンも上がっていた印象が少なからずありました。バイナンスではBNB建てでトレードでき、この取引所の基軸通貨でもあります。つまり、円でリップルを買うように、BNBでビットコインやアルトコインを取引できるのです。

 BinanceCoinについてここでは詳しく話しませんが、ポイントは「実需あるトークン」という点にあります。Zaifトークンも今後、取引所内で使われるようになってくると面白いな、と考えております。

 ここ最近、取引所が発行する通貨、トークンが高騰してきています。これは取引所の実績や信頼度も大きく関係すると見ています。例えば日本でICO最高額124億円を調達したとされる、日本のQUOINEが発行している通貨、QASH(キャッシュ)もゆっくり高騰してきております(私はQASHを平均90円にて取得済み)。

QASH

ICOでCOMSAを上回る金額を集めたQASH。

 このように「取引所が発行する」通貨やトークンに現在注目が集まっています。

 あくまで仮定の話であり、期待も込めてはいますが、将来的に「ZaifトークンもZaifトークン建で他の通貨を取引」ができたりする事になれば、値上がりは確実でしょう。もし実需が生まれてくるようであれば、私が予想する8.7円ラインもありえるはずです。

 もちろんこれは私個人の意見です。通貨建においては、COMSAのWPに記載されている通り、/NEM(ネム)と/EHT(イーサリアム)は今後全通貨ペアを予定しております。この2つの通貨もよりいっそう価値が生まれそうです。

109億円を調達したCOMSAの未来


 2点目のCOMSAについて。COMSAは日本でICOプラットフォームを提供するソリューションであり、先日ICOを行い109億円調達したことが話題になりました。新聞などにも取り上げられており、界隈でもホットなニュースとなりました。

 COMSAはクリプト経済における、普及の障壁となっている問題の1つを解決するためのプロジェクトとされております。このプロジェクトは、企業経済とパブリックブロックチェーンとの架け橋となることを目的としています。COMSAについては、興味ある方は“WP(ホワイトペーパー)”を読んでもらい、どのようなプロジェクトなのかをまず知る必要があると思います。ここで簡単にまとめられるとは思えません。

 株経験のある私の意見として、非常に面白いプロジェクトだと感じ、プレセールにも参加致しました。内容を知ると賛同される方も多いはずです。COMSAは今後既存プラットフォームの常識を変えるプロジェクトだと考えております。

 価格を気にされる方も多い印象ですが、案件が増えてきたら急速に上昇すると思います。4ケタ円になるのも近いと思います。

kiara

kiara氏の自筆チャート。ツイッターでよく公開しているので、気になる人はフォローしよう

 今後、ICO案件が増える度に話題になり今年間違いなく要チェックな内容です。WPを読んで興味持った方はぜひ今年は資金をブッコムサしてみるのも良いと思います!

【kiara氏】
株歴3年。2017年3月に友人からイーサリアムのチャートを分析して欲しいと相談され、以後仮想通貨の面白さを知る。現在も株式投資もしつつ仮想通貨に重きを置き投資しています。 三角保ち合い、半値押しなど主に誰でも分かるシンプルなテクニカル分析でトレード。定期的に分析をツイッターにて公開。ツイッターアカウントは@akiran0701

ビットバンク





おすすめ記事