ニュース

堀江貴文がポロリ「仮想通貨の…」ホリエモン万博の見どころ

 さらに、注目のひとつは「ホリエモン展」。堀江氏の歩んできた人生の軌跡・バイオグラフィーや著書60冊以上が展示される。ゲスト対談に漫画家の西原理恵子氏やキングコングの西野亮廣氏が登場予定だ。西野氏といえば、今年の成人式で振り袖レンタル業者「はれのひ」が行方をくらませた問題で、いち早く行動を起こしたことで話題となった。  ホリエモン展と同じ日に「リベンジ成人式」と題し、被害者たちに振り袖のレンタル、着付けやヘアメイク、写真撮影を無償提供する。じつは堀江氏もリモートで参加するつもりだというが、それだけではない。なんと「お年玉を配るかもしれません」とサプライズを予告。果たして、どのように配られるのか……。当日は大きなニュースとなるかもしれない!? ホリエモン 今回のイベントにコンテンツの縛りはない。そのほか、日本酒やワイン、ロケット、落語、音楽、映画祭など、多種多様なジャンルで展開される。また、イベントをやりながら、SHOWROOMにて堀江氏に密着した番組も配信。39時間、寝てる間も放送されるそうだ。また、コンセプトのひとつには“節分”があり、当日は堀江氏のいる方に向かって食べるとご利益がある(!?)「ホリエ方巻き」も販売される。ともあれ、本人は「このままでは大赤字」だというが、一歩先をいく情報ツウを目指すのであれば……参加してみるのもいいかもしれない。
ホリエモン

ホリエ方巻き

最後には“JK17”の話題も…

 質疑応答の最後には、こんな話題も。仮想通貨取引所「コインチェック」が不正アクセスによって約580億円相当の仮想通貨NEMを流出させてしまった問題で、流出先の監視に尽力していた謎の人物、JK17氏。堀江氏がJK17氏をホリエモン万博に招待するという話も出ていたが……。 「あまり人前に出てこられる方ではなかったみたいで。ツイッターでオファーをしましたが、断られてしまいました。残念でしたけど。JK17氏がどんなひとなのかはわからない。でもうちのHIM(運営)のなかには知り合いがいるとか言ってましたけど」<取材・文・撮影/藤井敦年>Web/雑誌編集者・記者。「men’s egg」編集部を経てフリーランスとして雑誌媒体を中心に活動。その後Webメディア制作会社で修行、現在に至る。主に若者文化、キャバ嬢、地下アイドル、社会の本音、サブカルチャー、エンタメ全般を取材。趣味は海外旅行とカメラとサウナ。Twitter:@FujiiAtsutoshi
1
2





おすすめ記事