エンタメ

スペシャルウィークまっただ中のラジオ界は禁断の下ネタの宝庫!?――“ラジオ中毒ライター”村橋ゴローの「アナタの代わりにラジオ聞いときました」<第3回>



笑福亭鶴光「70になっても古希コキや!」

『オールナイトニッポン50周年スペシャル~今だから言えるアノ話』(2月27日O.A/ニッポン放送)

 もうお気づきのとおり下ネタばかりのラインナップですが、シモといえばこの方! 鶴光師匠、健在です! 御年70になっても、古希すら下ネタに変えるレジェンド・笑福亭鶴光師匠! のっけからのシモ全開っぷりにアシスタントの女子アナから「師匠との共通点はやぎ座というところだけ!」とヒジ鉄を喰らわされても、「ヤギの(チ○コ)って、人間のと似てるんやで?」と喰らいつく、まさに下ネタ界のウォーキング・デッド!

山里亮太「この叩かれ方、かわいそうすぎない?(笑)」

『山里亮太の不毛な議論』(2月28日O.A/TBSラジオ)

「平昌オリンピックの話でもしますか!」と、山ちゃん。しかし話は、意外な方向に。

山里「驚きましたよ! そう来るか!? って話で。菊地亜美ちゃんが北見出身だそうで。今、北見といえばカーリング女子日本代表! アノ菊地亜美の臭覚だったら、(出身地が同じということで一丁噛みしてやろうと)ツイッターでつぶやくと思ったら一向につぶやかない……ってことがネットニュースになってるんですよ!『同じ北見出身なのにLS北見を無視するなんて! 菊地亜美、何ごとだ!』って。この叩かれ方、かわいそうすぎない?(笑)」

 確かに(笑)。

山里「たぶんだけど、逆に菊地亜美が『そだねー』とツイッターでつぶやいても袋叩きに合うんでしょ? 何しても叩かれるなんて、こんなかわいそうな人いないよ!(笑)」

 しかし、上には上がいた。

山里「辻ちゃんって、イチゴに練乳かけたブログが炎上したんでしょ!? 『お前! 素材の味、殺してんじゃねーよ! 辻のくせに!』って怒られたんだって!(笑)」

清宮幸太郎「(プロ入り後、凄いと思った選手は?)えーっ……まだあんまり感じてないです」

『伊集院光とらじおと』(2月27日O.A/TBSラジオ)

 SWとあってこの日のゲストインタビューは、中日・松坂大輔と日本ハム・清宮の二本立てという豪華なもの。復活に懸ける思いを語る松坂のインタビューも聞きごたえがあったが、清宮の上記の言葉には驚いた。

伊集院「(キャンプが終わり)この人スゲー! って思った人、誰ですか?」

清宮「えーっ……(と逡巡したのち)まだあんまり感じてないです」

伊集院「えぇっ!? その辺が度胸、すわってるというか。目の前で中田翔が打つじゃない。それ見て、どう思う?」

清宮「凄いと思いますけど、試合で見てみたいというか。練習は、わかってるというか。これぐらいは、やっちゃうんだろうなあって」

 普通、どんな超高校級の選手でもプロに入ると「さすがプロのバッター。スイングスピードがまるで違う」とか、「さすがプロのピッチャー。変化球の軌道がまるで見えないっす」とか言うでしょう。ドラ1だろうが、まだ高校生。プロの世界に圧倒されてフツーですよ。それなのに、中田の打撃を見ても「想定内」だと言うのだから、恐るべし強心臓。しかしそれがまったく嫌味に聞こえないのが、清宮の清宮たる所以。つまりその、本物感。筆者は日ハムファンだけに、球春到来が楽しみ~!
<文/村橋ゴロー>

【村橋ゴロー】
1972年生まれ。ほとんどの家事とまあまあの育児をこなす、ライター・コラムニスト。千原ジュニアや田村淳など芸人連載の構成を多数手掛ける。その一方、ママ向けサイトit mamaでは、「どの口が言ってるんだ」という感じだが、妊活や育児についてのコラムを執筆中。また、『ゴー! ゴー!! バカ画像MAX』シリーズ(KKベストセラーズ刊)は累計190万部を突破。近著に『俺たち妊活部「パパになりたい!」男たち101人の本音』(主婦の友社刊)がある。Twitterは、 @muragoro

1
2





おすすめ記事