恋愛・結婚

出会いアプリのプロフに見る「無難な30男」の特徴。趣味まで同じ…

「30歳まで新卒」という採用方針を掲げる大手企業が増えるなど、労働力不足に苦しむ日本において30歳の人材活用は急務と言えるだろう。とはいえ、最後の昭和生まれのゆとり世代は複雑怪奇。日本の未来に必要な彼らと向き合うべく、その生態を徹底調査した!

30男のあるあるプロフ

アプリのプロフに見る“無難”な30男の姿


 多くの30男が利用しているマッチングアプリ。このプロフィールから「彼らの価値観が透けて見える」と話すのは、女性向け恋愛ウェブメディア『AM』編集長の金井茉利絵氏だ。

「30男のプロフ写真は没個性なものがほとんどです。“無難”な写真の最たる例は、集合写真から自分だけ切り取った画像や、そこで撮る?と聞きたくなるレベルの中途半端な居酒屋で誰かに撮ってもらったふうの『自然体アピール写真』。自撮りが恥ずかしい年齢なのか、アプリ用にわざわざ撮ったわけじゃないと思わせたいようです」

 チャラい肉食系画像を掲載する30男は少ない。これも“失敗したくない”世代の特徴か?

「スベりたくない、イタくなりたくないという志向が強くて、それが逆にイタいのでわれわれ女子の話題のネタになってしまうんですよね。テキストにも“無難”さはにじみ出ていて、趣味はフットサル率が異常に高い。もはやアプリ内でトーナメントが組めるレベルです。ほかには『グレイテスト・ショーマンを2回見ました』など、王道の作品を書くのもテッパンです」

============
<30男のあるあるプロフ>

30男のあるあるプロフ

30男のあるあるプロフ

・高級でも大衆的でもない絶妙なレベルの店で誰かに撮らせた写真。酒を飲んで口元を隠すのが定番
・スポーツや旅行など誰しも嫌いではないような趣味。実際、女子はほとんどフットサルに興味なし
・映画はシネコン系の新作だ。デートの際、座席はネット予約するが支払いはワリカンの可能性も大
============

次のページ 
なぜこんなにも彼らは“無難”を徹底しているのか

1
2
週刊SPA!6/5号(5/29発売)

表紙の人/ 松井珠理奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事