雑学

「1浪3留、モテない。ニートになって餓死するしか…」悩む就活生を救う言葉

【佐藤優のインテリジェンス人生相談】
“外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

3725cc376cb7190f91abf00ff90bf12d_s◆1浪3留で将来の展望が見えません
内山宗一(ペンネーム) 学生 男性 25歳


 私は1浪3留している大学生です。佐藤さんの出身校と似たようなグループ扱いされる大学です(偏差値はかなり落ちます)。単位の計算ミスや就職活動の失敗によって現在こうなっています。就職活動について、何もやる気が出ません。面接に行ってもどうせ落とされます。それに労働時間がアホみたいに長くなくて、給料も安すぎるほどではない、みたいな企業はどうせ雇ってくれません。

 やりたいことが特にあるわけでもないですし、自分なんか雇うようなブラックで働くくらいなら、ニートで寄生して親が死んだらそのまま自殺か餓死か刑務所みたいなほうがマシな気がしてきます。

 チビだしどうせモテないし何かもう将来何も良いことがないのでは、と思うのですが、何か就職活動をやる気が出そうなアドバイスをください。

◆佐藤優の回答

 まず重要なのは、1浪3留くらいで自暴自棄にならないことです。1浪はよくあることです。問題は3留です。あなたの中に、自分は周囲とは違うのだという根拠のない優越感があるのだと思います。それだから周囲がみんなバカばかりに見えて、大学の授業に身が入らないのだと思います。そういう自分の姿が滑稽であることについて、あなた自身が気づき始めています。しかし、それを認めるとプライドが崩れてしまうので不安です。そうしているうちに何も手につかなくなってイライラが昂じているというのが現状だと思います。

 こういうときは、過去の苦しい時期を生き抜いた人の手記を読むと参考になる情報が見つかります。例えば、京都人民戦線事件に連座して、治安維持法違反容疑で1938年に逮捕され、その後、裁判で執行猶予付の有罪が確定した和田洋一先生の手記『灰色のユーモア』にはこんな記述があります。

次のページ 
『灰色のユーモア』から得られる教訓

1
2
◆募集◆
佐藤優さんへの相談を募集中。匿名希望の方はペンネームを記入してください。採用者には記念品をお送り致します。⇒応募はコチラから https://nikkan-spa.jp/icol_form(PCのみ対応)

40代でシフトする働き方の極意

人生の転換点となる40代をいかに過ごすか? 外務省で国策捜査に巻き込まれて作家に転身するなど激動の40代を過ごした著者が明かす生き方の極意。





おすすめ記事