雑学

ポットの中にゴキブリ数十匹、お湯を出したら黒っぽいものが…ゴキブリ大量発生体験談

夏の夜。喉の渇きを潤すため台所の電気をつけると、何やら異物の存在に……ギェエエーッ、Gだ。Gが現れた! 人類の敵・ゴキブリ。驚異的な生命力に人間の無力を感じ、反撃の可能性に戦闘意欲を失う――エイリアンのような見た目以上に恐ろしいのは身の毛もよだつゴキブリ恐怖体験の数々。心して見ていこう。

[ゴキブリvs人類]最終決戦

見たくない現実。黒い悪魔の軍団は太陽の光をも奪う


 ゴキブリは1匹見つけたら20匹はいるというのが定説。なかなか実感はできない(したくない)が、それを裏付けるのが大量発生したゴキブリとの遭遇エピソードだ。

「物置から棚を出すのを手伝っていたとき、ガサガサッと音がしたので棚を叩いてみたら、100匹くらいのゴキブリが一斉に表に出てきた。そのまま腰を抜かしてしまった」(30歳・自営業・男)

「ポットのお湯を出そうとしたら、黒っぽく、カビくさい悪臭を放ったお湯がジョジョジョと出てきた。慌ててポットのフタを開けたら、数十匹のゴキブリがお湯から逃げるように表に出てきて大絶叫。黒いお湯は、ゴキブリの出がらしだったことが判明した」(56歳・教育・男)

 そしてやはり、飲食店は大量出現のエピソードに事欠かない。

「居酒屋で鍋物を頼んでコンロの点火スイッチを入れたら、コンロの中からたくさんの小さいゴキブリがゾロゾロ出てきました。正確に数えてませんが200匹くらい。鍋はもちろん、他の料理にも入るし……ソッコーで退散しました」(56歳・会社員・男)

 冒頭の1匹見つけたら理論に戻れば、200匹×20――いやいや、余計な計算はするまい……。

<イラスト/もりいくすお>
※「ゴキブリ恐怖体験」は、5月14~22日の期間、日刊SPA!に寄せられた投稿を基に作成
― [ゴキブリvs人類]最終決戦 ―





おすすめ記事