ニュース

低能先生はなぜHagex氏を刺殺した?報道とは違う“ネット民が見た経緯”



“増田”に上がった「はてな村殺人事件の経緯」


Hagex 6月28日、はてな匿名ダイアリー(アノニマスダイアリー=あのに“増田”イアリー、通称「増田」)に、今回の事件を分析・推測したエントリー(はてな村殺人事件の経緯をまとめておく)が上がっていたので、簡単に紹介したい。

1. 松本容疑者が、他ユーザーに「低能」ほか罵詈雑言を飛ばす

2. 1を繰り返すうちに松本容疑者の存在が認識され、「低能先生」というあだ名がつく

3. 低能先生に罵られたら運営に通報するという流れが自然発生的にできあがる。アカウントを凍結された低能先生は新たなアカウントを取得し①を繰り返す

4. 5月2日にHagex氏が「低能先生」に定期的に罵られていること、都度通報していることをブログに書く

5. Hagex氏のブログ投稿以後、通報運動が盛り上がる(?) ※Hagex氏は通報しようと呼びかけたわけではない

6. 低能先生と思われる人物が「通報厨」を憎んでいる様子が増田に投稿される

7. 6月9日に発生した東海道新幹線車内での殺傷事件の犯人が「低能先生」ではないかという複数の推測が6月10日に増田へ投稿される

8. 7に対し「『低能先生』に人を殺せる筈がない」という煽りコメントがつく

9. 6月25日、Hagex刺殺事件が起きる

10. 事件発生後、容疑者が自首する前に、6で増田に投稿されたエントリーの1つに低能先生と思われるユーザーの犯行声明がつく

「低能先生はネット弁慶」と煽られての犯行か?


 10の犯行声明には、「おいネット弁慶卒業してきたぞ」「俺を『低能先生です』の一言でゲラゲラ笑いながら通報&封殺してきたお前らへの返答だ」という、松本容疑者のものと見られる記述がある。

 こうしたことから今回の犯行の動機は、5、6、8にあったのではないか?

 低能先生通報運動で発言の場が与えられなくなった→Hagexこと岡本氏のエントリーでさらに通報運動が加速した→通報者に低能先生はネット弁慶(内弁慶のネットスラングで「匿名性があるネットでは強気だが、実生活では小心者である」という意味)と煽られた。
 そして多くの低能先生通報者が匿名のなかで、Hagex氏だけ特定でき、さらに松本容疑者が刺しに行ける福岡にあらわれたことが、今回の刺殺事件になってしまった。

今回の事件を受けて、はてなは7月1日に都内で行う予定だった初のブロガーイベント「はてなブログ公式ミートアップ」を中止すると発表した

 もちろん、5月2日のHagex氏のエントリーからもわかるように、以前から低能先生はHagex氏に低能コールをしていたので、両氏の仲がよくはないことはわかる。

 ただ、報道にあるような、Hagex氏に低能先生呼ばわりされ通報されたことを逆恨みしたなど、Hagex氏との直接的なトラブルが原因で犯行に及んだわけではないという見方もできる。まずは事件の真相解明が待たれる――。<文/日刊SPA!取材班>

1
2





おすすめ記事