恋愛・結婚

不倫カップルが1回のデートにかける金額はいくら? 経験者にアンケート調査

 不倫願望はあれど、昨今の不倫報道を見る限り、不倫には相応のリスクが伴う。しかし、うまく女性と付き合い、不倫を楽しんでいる男がいる。不倫に成功している男は何が違うのか? 不倫経験がある20~39歳の女性2063人中、「いい不倫だった」と回答したのは14.6%の300人のみ。そこで、“いい不倫”経験女性300人を徹底調査。相手選びから口説き方、別れ方まで、失敗しない「不倫の正しいやり方」を導き出した!

モデル/高橋ケイスケ 斉藤明日美

モデル/高橋ケイスケ 斉藤明日美

不倫を泥沼化させずに楽しむ付き合い方は?


 不倫関係が始まったら、その後はいかに泥沼化せずに関係を楽しむか。やはりそれなりに高いものをおごったりすることで関係を円滑に進めるべきなのか。実は、正しい不倫というのはお金をかければいいわけではない。アンケートの結果を見ると、1回のデート代で最も多かったのはホテル代込みで1万~2万円(38%)。食事の場所は「客単価5000円前後のバルや創作和食」(31%)となった。

=================
<Q.1回のデート代はいくら?(ホテル代込み)>
1万円未満    24%
1万~2万円未満 38%
2万~3万円未満 25%
3万~5万円(未満) 11%
5万円以上    2%

<Q.デート代はどちらが払った?>
毎回相手持ち     54%
毎回相手が多めに払う 22%
毎回ワリカン     12%
たまに自分がおごる  12%

<Q.いつもどんな店で食事をしていた?>
1 5000円前後のバルや創作和食など 31%
2 赤提灯、立ち飲みなど渋めの居酒屋 22%
3 チェーン居酒屋 20%
4 ファミレス 16%
5 高級フレンチ 4%
6 高級和食 4%
7 自分が食事を作った 3%
=================

「こじゃれたバルや和食での食事が二人で1万円ちょっと+ホテル代が1万円弱で合計2万円弱。デート代は男が全額おごるというのが定番にして最低ライン。これより下がると食事を客単価3000円以下のチェーン店にするとか、女性の家でSEXをしてカネを浮かせるといった節約が必要になる。今どき毎回高級フレンチや高級和食に連れていけと言うような女性は少ないし、そもそも不倫相手には向きませんが、ケチられると『ただでさえ未来のない不倫なのに』と、搾取されている気分になって女性のテンションが下がります」(社会学者・鈴木涼美氏)

 一方で、出費が毎回3万円以上となると、普通のサラリーマンにとってはかなり手痛い出費だ。電子書籍『不倫の教科書』の著者・キング・ちん氏は指摘する。

「分不相応な出費は、自分にストレスが溜まるし、長続きせずに破たんするだけ。相手の女性の機嫌を損ねない努力は必要ですが、無理は禁物です」

次のページ 
プレゼント「しない」という選択肢も

1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事