仕事

中高年の47%が「会社の飲み会」が嫌い。嘘をついて断ることも

世代によって飲み会の捉え方が異なる!?

●20~30代・会社の飲み会の参加頻度 毎回参加   52% 2~3回に1度  24% 4~5回に1度  10% 参加しない  5% 飲み会がない 9% ●20~30代・飲み会は好きか嫌いか? 好き         13% どちらかというと好き 52% どちらかというと嫌い 29% 嫌い         6% ●40~50代・会社の飲み会の参加頻度 毎回参加   38% 2~3回に1度  25% 4~5回に1度  14% 参加しない  8% 飲み会がない 15% ●40~50代・飲み会は好きか嫌いか? 好き         12% どちらかというと好き 41% どちらかというと嫌い 38% 嫌い         9% ※アンケートは20~50代の社会人の男女200人を対象に実施

本音は参加したくない会社の飲み会

 まずは、「会社の飲み会の参加頻度」からご覧いただきたい。「会社の飲み会自体がない」と答えたグループを母集団から除いて計算すると、20~30代の若手世代の飲み会参加率は94%に達する。一方で40~50代の中高年世代も負けじと91%が酒席に顔を出している。  しかし、そうした飲み会出席者に対して「飲み会は好きか嫌いか?」と尋ねたところ、中高年世代の47%が「嫌い」「どちらかというと嫌い」と、否定的な態度を見せているのだ。一方、若手世代に同じ質問を投げたところ、飲み会否定派は35%にとどまった。しかも飲み会を断る際には、いい年こいた中高年でさえ64%が嘘をついて参加を断っているのだ。 ●40~50代・嘘をついて飲み会を断ったことがある? YES 64% NO 36%  つまり、飲み会が嫌いなのに断りきれず、まずい酒を飲まされている中高年が多々存在するというわけだ。金融系営業マンの山本和樹さん(仮名・47歳)は、そのジレンマをこう表現した。
次のページ 
「気の利かない若手とわざわざ一緒に飲みに行くなんてストレスの極み」
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事