エンタメ

今夜決着「M-1グランプリ2018」優勝するのはどのコンビ? 出場全組を徹底解説

見取り図

 俺の大好きなコンビ「見取り図」が決勝初進出を決めた。俺はお笑いの技法の中で、同じ言葉や行動を何度も、しつこいぐらいに繰り返すことが好きである。ツッコミ担当の盛山君はまさにそれで、自分で作った「略語」をしつこいぐらいに言い放つ。昨年の漫才では「頭おかしい」を「アタオカ」と略し、連呼しているのが面白くて仕方がなかった。鼻にかかった声質も面白さを際立たせる。今回も「略語」がハマっていた。
 そして、飄々とボケるボケ担当のリリー君。彼はすごい男である。俺が大阪で泊まりの仕事があり、夜にホテルでテレビを見ていると、「見取り図」を含む若手漫才師と「重鎮」「関西漫才会の首領」である中田カウス師匠がトークをしていた。内容は「今、若手は芸人の仕事だけで食べていけているのか?」という話で、若手たちはバイトの内容やエピソードを話していた。そこで、リリー君はカウス師匠に向かって「師匠は食べていけてるんですか?」と聞いた。ボケである。ボケであるが、俺はカウス師匠に対して絶対言えないだろう。「リリー君、すげぇ~」と感心するしかなかった。 「見取り図」はほかのコンビに比べて知名度は低い。それだけに初見の観客や審査員には新鮮に映るはず。「強心臓」とキャッチーな「フレーズ」がハマれば、常連組を食いつぶして優勝。こんな筋書きもハッキリと見える実力はある。

かまいたち

 かまいたちの予選で披露したネタを見た後に、必ず口から漏れた言葉が「かまいたち、仕上がってるなー」だった。揺るぎない2大会連続2回目の決勝進出だった。  ボケ担当の山内君が正しいのか? ツッコミ担当の濱家君が正しいのか? 2人の掛け合いは「2人芝居」のごとく、言葉一つひとつで心理を揺さぶり、卓越した演技力で喜怒哀楽を瞬時に切り替える。観客は2人の手のひらに乗せられてただただ笑うしかないのだ。
 3回戦、準々決勝、準決勝のネタを見たが、ほかのコンビに比べて3本のネタにあまり差はなくすべて高水準である。最終決戦3組までに残りさえすれば、初の「キングオブコント」との二冠王は誕生する。

スーパーマラドーナ

 準決勝の大トリに登場した「スーパーマラドーナ」。並み居る漫才猛者たちの大爆笑のあとに登場した彼らは、そのすべてを飲み込み、大爆笑を掻っさらっていった。その風格たるや、すでに王者の如しだった。あんなに爆笑を取ったにもかかわらず、ファイナリスト発表会でツッコミ担当の武智君は「今日はお客さんが重かった」と漏らしていた。いやいやいや。あんなにウケて「お客さんが重かった」というのならば、普段はあの準決勝以上にウケているということだろう。恐ろしいコンビである。  そこで披露したネタはボケ担当の田中君のひ弱なキャラクターを、また違う角度から見せることによって、新たなキャラクターを作り上げていた。どれほどまでに自分と向き合ってネタを作っているのかと感心せざるを得なかった。
 今回で「和牛」とともに4大会連続4回目の決勝進出である。2015年の初進出を果たした2組。2016年は「和牛」が敗者復活戦から勝ち上がり、2017年は「スーパーマラドーナ」が敗者復活戦から勝ち上がった。今年は2組とも正面突破の決勝進出。そして、「スーパーマラドーナ」は今年が「M-1ラストイヤー」。ついに「和牛」とのライバルストーリーに終止符が打たれる。ラストシーンの真ん中で歓喜しているのはどっちだ?
次のページ 
ジャルジャル、トム・ブラウン、ギャロップ、敗者復活戦
1
2
3
12月2日(日)18時30分~22時30分
ABCラジオ/AM1008・FM93.3
「ラジオでウラ実況!? M-1グランプリ2018」
(出演/ユウキロック)

芸人迷子

島田紳助、松本人志、千原ジュニア、中川家、ケンドーコバヤシ、ブラックマヨネーズ……笑いの傑物たちとの日々の中で出会った「面白さ」と「悲しさ」を綴った入魂の迷走録。

⇒試し読みも出来る! ユウキロック著『芸人迷子』特設サイト(http://www.fusosha.co.jp/special/geininmaigo/)

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事