エンタメ

今夜決着「M-1グランプリ2018」優勝するのはどのコンビ? 出場全組を徹底解説

 漫才頂上決戦「M-1グランプリ2018」がいよいよ本日夜、決勝を迎える。すでに決勝進出を決めている9組に加えて、本日午後に開催される敗者復活選を勝ち上がった1組の合計10組が栄冠を競う。「第1回M-1グランプリ」準優勝にして、その鋭いお笑い評が注目を集め、自叙伝『芸人迷子』も大きな話題を呼んだユウキロック氏に決勝の見どころ解説に続いて、ファイナリストたちの個性を読み解いてもらった。


決勝進出コンビ(発表順)


和牛


 4大会連続4回目の決勝進出にして2大会連続準優勝。本人たちは言われることを嫌うが、この記録をして「優勝候補」にあげないわけにもいかない。ツッコミ担当川西君、ボケ担当水田君からなる「和牛」は、紛れもなく「大本命」の1組である。

 俺は彼らの予選のネタを見て、体が震えた。というのも、笑いの数や爆発力でいうとそこまでないのである。しかし、ずっと見ていられるのだ。技術だけで見せられる。脚本も抜群。そんな「和牛」が準決勝で披露したネタの中身は「高い『技術』+質のいい『脚本』+『ボケ数多く、質高い』」という、まさに「A5ランク」の漫才。会場の空気も一変させた。


 誤解を恐れずに言うと、今の「M-1グランプリ」という大会がどういう位置付けかはわからないが、関西の演芸賞ならば、彼らは「新人賞」というレベルではなく、もはや「大賞」を取るレベルの芸人なので、「M-1グランプリ」に出ていること自体、すでに問題であるくらいのレベルである。俺が出ていた頃の「M-1グランプリ」は、それを見て憧れて芸人を志した人も多く存在した。なかには「こいつらより面白い」「勝てる」と思ってプロを目指した人もいるだろう。では、ここ数年の「和牛」のネタを見て、「こいつらより面白い」「勝てる」と思ってプロを志す人がいるのか? 憧れられるほどの隙もない。それが現在の「和牛」である。

霜降り明星


 昨年から全国ネットのレギュラー番組にも出演。「ネクストブレイク芸人は誰?」という問いに、必ず名前があがるのが「霜降り明星」である。そして、ついに念願の決勝初進出を決めた。

 特筆すべき点としてツッコミ担当の粗品君とボケ担当のせいや君は、コンビとして「M-1グランプリ」の決勝に進出する前に、「R-1ぐらんぷり2017」にピンとしてともに決勝進出を果たすという離れ業を決めたのだ。その事実からわかるように、個々のポテンシャルは非常に高い。


 ネタは、舞台狭しと暴れまわりながらボケまくるせいや君に対して、「答え合わせ」のようにビシッとツッコミを決める粗品君。そのボケ数の多さと質の高さは注目すべきところだろう。

 はっきり言うが、彼らはいずれ「優勝」するだろう。しかし、今大会、「過去最高のレベル」のなかで優勝することに価値がある。「優勝」して完璧なブレイクスルーを決めてほしい。

ゆにばーす


 メイクアップによって別人のような美女に変身するインスタグラムが好評で、ついに「#詐欺メイク」なる書籍まで発売したボケ担当のはらちゃんと、「M-1で優勝したら芸人を辞める」と宣言するほど「M-1」に芸人人生を賭けているツッコミ担当の川瀬君からなる男女コンビ「ゆにばーす」は、準決勝で貫禄さえ感じさせる圧巻の漫才を披露し、余裕の2年連続2回目の決勝進出を決めた。


 昨今、大阪よしもと勢の漫才師の出来は素晴らしく、「M-1」の舞台では関東で活躍する漫才師は劣勢に立たされているのが現状だ。その現実に川瀬君は忸怩たる思いがあったのだろう。生配信されていたファイナリスト発表会で「西の漫才師、ぶっ殺します!!!」と吠えた。彼はリップサービスで言ったのかもしれない。自分を鼓舞するために言ったのかもしれない。しかし、現実問題として、彼らならそれができる。それだけ完成度の高いネタを披露している。「M-1」という大舞台で「西の漫才師」たちをぶっ殺してほしい。「奈良県」出身の川瀬君に期待しよう。

次のページ 
見取り図、かまいたち、スーパーマラドーナ

1
2
3
12月2日(日)18時30分~22時30分
ABCラジオ/AM1008・FM93.3
「ラジオでウラ実況!? M-1グランプリ2018」
(出演/ユウキロック)

芸人迷子

島田紳助、松本人志、千原ジュニア、中川家、ケンドーコバヤシ、ブラックマヨネーズ……笑いの傑物たちとの日々の中で出会った「面白さ」と「悲しさ」を綴った入魂の迷走録。

⇒試し読みも出来る! ユウキロック著『芸人迷子』特設サイト(http://www.fusosha.co.jp/special/geininmaigo/)





おすすめ記事