R-30

「男が家族を養う」呪縛。年収550万なのに家を買って倒れた40代の悲劇

 バブル崩壊後の’93~’05年の就職氷河期に社会に放り出され、その後のキャリア形成期にデフレとなり、給料が上がらないまま36~48歳の中年になったロスジェネ世代。就職、結婚、資産形成など人生におけるさまざまな局面で辛酸を舐め続けたロスジェネ中年たちは今、新たな問題に直面している。およそ2000万人いるといわれる、社会が生み出した「ロスジェネ中年」に救いはあるのか。そのリアルに迫る!

ロスジェネ中年の絶望

過労で倒れてしまった山内さん。「男なんだから出世して、家族を養うべし」と専業主婦の妻からの呪詛の言葉が、肺炎の症状よりも重く胸に響く

社会が描く家族モデルや企業にしがみつき疲弊する


「ロスジェネ世代は“男性は会社で出世、女性は結婚・出産することが人生の幸せ”という旧来の社会人モデルへの刷り込みが残る最後の世代です。しかし、それに見合った給料をもらっていない。そのため、“男が家族を養うべき”という呪縛から逃れられず、苦しむ人は多い」(キャリア・カウンセラーの錦戸かおり氏)

 大手電機メーカー社員の山内巧さん(仮名・42歳)も、その一人だ。年収550万ながら、5年前に東京・練馬区に5000万円の一軒家を35年ローンで購入した。

「親や上司から、“賃貸はもったいない”、“資産は残そう”という助言を散々聞いていました。結婚して、子供が生まれたら当然、家は買うものだと……」

 最初はゆとりのあるローン支払いのはずだった。しかし、2人目の子供が生まれ、教育資金が家計を圧迫。給料は横ばいの中で、山内さんは長時間残業もいとわず、身を粉にして働いたが……。

「生活費を月55万円は稼がなくてはいけない。ボーナスで補塡(ほてん)するのでは、今度は貯金ができない。でも、働きすぎたのか先日過労で倒れてしまって……」

 心身ともに追い込まれる山内さんだが、「会社を辞めるつもりは毛頭ない」と断言する。

「今年は、娘の中学受験も控えていますから。妻は心配するどころか『大黒柱だから倒れないでよ。しっかり計画して仕事もしてよ』と一切理解してくれず……」

 奴隷のように働き続けるロスジェネが多いことについて、錦戸氏は “負け続けた歴史”が、頑張りすぎることに影響していると話す。

「就職難、リストラ危機など、職を失いそうな事態に何度も直面してきた世代。自己肯定感も低く、自分が悪いのでは?と挽回しようと必死で働いてしまうのです」

 ロスジェネ世代は今日も、「男としての呪縛」に苦しみ続ける。

― ロスジェネ中年の絶望 ―





おすすめ記事