雑学

今の20代が「ブランド品を欲しがらない」理由

 近年、ユニクロやGUといったファストファッションの台頭により、あまり値段をかけずにオシャレを楽しめるようになったことが影響してか、若い人のブランド離れが進んでいるとよく聞く。

 何かと「欲がない」「夢がない」などと苦言を呈されることの多い現代の若者だが、それは何でも手頃な価格で手に入ることが影響している可能性もある。それに、たとえ夢や欲を持ったとしても、それで何かが好転するのか甚だ疑問な時代では現実的で当然の考えなのかもしれない。

ブランド品を買うなんてカネの無駄


若者のブランド離れ

吉岡さん

 現在非正規の身分で働く吉岡健さん(20代・仮名)は、「今は安いものがたくさんあるのに、わざわざ高いカネを払って見栄を買う必要はないと思う」と話す。

「だって、今は安くてそこそこ見栄えの良いもので溢れてるじゃないですか。そんな時代にバブルの名残りのような高い値段を付けるブランド品なんて買う意味がありません。『いかにカネをかけずに人前に出ても恥ずかしくない格好を作るか』しか考えていませんよ」

 コスパを最大重視するいかにも現代っ子な意見の吉岡さんだが、確かに値段の高いものを持っていればステータスが上がる時代は、とうの昔に過ぎたのかもしれない。

「近頃はよく、『最近の若者は車に興味がなくなった』とかも言われてますけど、当たり前じゃないですか。昔のように不必要な物を買って見栄を張るメリットがないんです。良い車に乗っていたところでチヤホヤされるわけでも、合コンで注目されるわけでもない。それどころか駐車場などの維持費でジリ貧になるだけ。そもそも、交通の便が発達する都会に住んでいれば不必要ですし。車にしろ高い服にしろ、どうしても必要だという人が買えばいいんですよ」

次のページ 
ファッション誌の低迷とネットの席巻

1
2





おすすめ記事